タックル

シーバスデイゲームで活躍する小型ミノーまとめ!

ティロミノーで釣ったシーバス44cm(2019.11)

とかく見切られがちなシーバスデイゲーム。

攻略するには、見切られにくい小型ミノーの出番!

シーバスのサイズこそ選べませんが、日中にリアクションで60アップがポンと釣れてしまうジャンルでもあります。

そんな、シーバスデイゲームで活躍する小型ミノーをまとめてみました。

セイゴが無限に釣れるルアーは置いておいて、40アップのシーバス実績があるルアーを中心にご紹介します。

ティロミノー(タックルハウス)

タックルハウスからリリースされているティロミノー。

ティロミノーで釣ったシーバス44cm(2019.11)

元々はメッキ・カマスを意識したスモールミノーですが、連続トゥイッチによる短距離ヒラ打ちアクションにはシーバスもメロメロ。

ティロミノーで釣ったシーバス44cm(2019.11)

40cmアップもガツン!とバイトしてきます。

トトシャッド(テトラワークス)

ちょっとレンジを入れなきゃ食ってこない。そんな繊細な状況ではロングリップのトトシャッド。

トトシャッドで釣ったシーバス62cm(2019.10)

連続ジャークでブルブルと身悶えするようなウォブリング。

トトシャッドで釣ったシーバス62cm(2019.10)

50アップ、60アップのシーバスも、あっさりとデイゲームで釣れる食わせパワー。

ナイトゲームと違い、ファイトも丸見えでかなり楽しめます。

CD5(ラパラ)

シーバスの餌という名称も名高いCD9をダウンサイジングさせたCD5。

CD5とシーバス43cm(2020.11)

CD9でめちゃくちゃ釣れるんだから、CD5もそりゃ言わずもがな…と言ったところ。

ソアレBBアジング601LSとCD5とシーバス43cm(2020.11)

CDシリーズは基本的にただ巻きでOKで、逆にトゥイッチやジャークさせてもアクションは破綻しません。

見せ方を変えるとすると、リトリーブスピードの緩急が効果的。

リールハンドル1秒1回転でショートバイトが多ければ、途中で1秒2回転でグリグリッと巻けば深いリアクションバイトが連発することも。

個人的に、シーバスデイゲームで愛用している小型ミノーをまとめてました。

他にも良さそうなアイテムがあれば、適宜追加していきたいと思います。

以上、「シーバスデイゲームで活躍する小型ミノーまとめ!」でした!

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です