シーバストレーニング6日目!恵みの雨・・・?

水面を叩く雨

河川シーバス攻略トレーニング6日目!

雨後の河川シーバスは期待できる?

冬型の気圧配置が緩み、適度な降雨。

シーバスの活性が上がっているのでは?と通い慣れてきたリバーに釣行。

結果、濁流!

降雨は朝方の3時ごろまで続き、釣行タイミングは日の出前の5:30頃。

川は濁流。

濁流の河川と浮遊ゴミ(2017.11)

TKLM90SPのドリフトやスローリトリーブで攻めるも反応なし。

途中、水門開閉により支流から大量の濁流が。

濁流の河川と浮遊ゴミの中で使ったルアー(2017.11)

表層を攻め、サイズを大きくし、レンジを下げ、波動を変え、とあれこれ手を尽くしたものの、どれもノーバイト。

水流が変化した直後に単発ボイルがあったものの、その後は魚の気配がなく。

ゴミばかりルアーに引っかかったため納竿としました。

今日の一句:雨上がり、喜び勇んでシーバスを 狙うも釣れるはゴミばかりなり

たまたまシンペンの持ち合わせがなかったんですが、シンペンで探ったらまた別の結果だったかもしれないですね。

雨と一口にいっても土砂降りや春雨など振り方や雨量に大きく差があります。

「どういう風に雨が降ったらよく釣れるかor釣りにならないか」の判断基準が気になります。

以上、「シーバストレーニング6日目!恵みの雨・・・?」でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA