シーバス

【淡路島シーバス】サーフのトップルアーで水面炸裂!

シーバスとコンバットペンシルジャスティーン

朝晩だんだんと涼しさを増し、秋めいてきて一番シーバスを釣りやすい季節になってきましたね!

今回は、珍しく(!)サーフのトップゲームでシーバスをゲットしたのでその実釣レポです。

淡路島シーバス。この時期のポイントはサーフ

ポイントはサーフで、前日にチヌトップゲームでバイトがあったものの乗せられなかったエリアです。

前日の悔しがっているツイートはこちら。

前日は同じポイントで3回バイトがあったものの、いずれもヒットさせられませんでした。

悔しかったので、今回はトップゲームの秘密兵器ルアーを投入してリベンジする作戦です。

【バス用トップルアーを海で流用!】秘密兵器コンバットペンシルジャスティーン

今回の秘密兵器はコレ!

エバーグリーン社の コンバットペンシル ジャスティーン

です。

サイズは95mm。

カラーはベイビーギル。

フックが3つ搭載されているので、なかなかフッキングし至らないトップゲームでも活躍するバス用ルアーです。

首を左右に振りながら水面を滑るドッグウォークアクションが簡単にできるので、初心者でも自信を持って扱えると思います。

ドッグウォークアクションは竿先を連続トゥイッチしながら、ゆっくりめにリールを巻くとやりやすいです。

サーフのトップゲームでシーバスが水面炸裂!

昨日のチヌトップゲームと同様、ランガンするべくシャローエリアをガンガンキャスト。

海面は凪。

昨晩の雨にも関わらず水質はクリア気味。

1投して反応がなければ、次のポイントを撃っていきます。

3投目、着水後すぐにドッグウォークさせると、バシュッと水面に飛沫が飛びます!

フックが3つ付いているおかげか、ミスバイトせずしっかり乗りました!

手前までは割とすんなり寄ってきましたが、足元で強烈なファイト!

底に潜るような引きをあしらい、水面に寄せてエラ洗いをこらえます。

(個人的に、シーバスが首を左右に振ってルアーを外そうとするエラ洗いは、ラインテンションさえ緩めなければ対応できると思っています)

上がってきたのは65cmとアベレージサイズながら、ギュッと身が詰まって重量感たっぷりの秋らしいシーバスでした。

河川が近いからか、金色がかった個体でした。

口元には、3つのフックが全てフッキングしていました。

バラシのリスクは減りますが、魚体へのダメージは通常の2つのフックと比べて大きくなります。

スリーフックはキャッチ率が上がるものの、魚へのダメージを考えるとちょっと多用は控えたいですね。

秋はイワシを追い回すシーバスが比較的イージーに釣れる時期なので、これからが楽しみです!

以上、「【淡路島シーバス】サーフのトップルアーで水面炸裂!」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!