【淡路島シーバス】サーフのトップルアーで水面炸裂!

朝晩だんだんと涼しさを増し、秋めいてきて一番シーバスを釣りやすい季節になってきましたね!

今回は、珍しく(!)サーフのトップゲームでシーバスをゲットしたのでその実釣レポです。

淡路島シーバス。この時期のポイントはサーフ

ポイントはサーフで、前日にチヌトップゲームでバイトがあったものの乗せられなかったエリアです。

前日の悔しがっているツイートはこちら。

前日は同じポイントで3回バイトがあったものの、いずれもヒットさせられませんでした。

悔しかったので、今回はトップゲームの秘密兵器ルアーを投入してリベンジする作戦です。

【バス用トップルアーを海で流用!】秘密兵器コンバットペンシルジャスティーン

今回の秘密兵器はコレ!

エバーグリーンのコンバットペンシルジャスティーン

エバーグリーン社の コンバットペンシル ジャスティーン です。

サイズは95mm。

カラーはベイビーギル。

フックが3つ搭載されているので、なかなかフッキングし至らないトップゲームでも活躍するバス用ルアーです。

首を左右に振りながら水面を滑るドッグウォークアクションが簡単にできるので、初心者でも自信を持って扱えると思います。

ドッグウォークアクションは竿先を連続トゥイッチしながら、ゆっくりめにリールを巻くとやりやすいです。

サーフのトップゲームでシーバスが水面炸裂!

昨日のチヌトップゲームと同様、ランガンするべくシャローエリアをガンガンキャスト。

海面は凪。

昨晩の雨にも関わらず水質はクリア気味。

1投して反応がなければ、次のポイントを撃っていきます。

3投目、着水後すぐにドッグウォークさせると、バシュッと水面に飛沫が飛びます!

フックが3つ付いているおかげか、ミスバイトせずしっかり乗りました!

手前までは割とすんなり寄ってきましたが、足元で強烈なファイト!

底に潜るような引きをあしらい、水面に寄せてエラ洗いをこらえます。

(個人的に、シーバスが首を左右に振ってルアーを外そうとするエラ洗いは、ラインテンションさえ緩めなければ対応できると思っています)

上がってきたのは65cmとアベレージサイズながら、ギュッと身が詰まって重量感たっぷりの秋らしいシーバスでした。

シーバスとコンバットペシルジャスティーン

河川が近いからか、金色がかった個体でした。

シーバスとコンバットペンシルジャスティーン

口元には、3つのフックが全てフッキングしていました。

バラシのリスクは減りますが、魚体へのダメージは通常の2つのフックと比べて大きくなります。

スリーフックはキャッチ率が上がるものの、魚へのダメージを考えるとちょっと多用は控えたいですね。

秋はイワシを追い回すシーバスが比較的イージーに釣れる時期なので、これからが楽しみです!

以上、「【淡路島シーバス】サーフのトップルアーで水面炸裂!」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

【淡路島シーバス】サーフのトップルアーで水面炸裂!」への4件のフィードバック

  1. 壱号

    こんにちわ。
    今朝、私もチヌ狙いで65cmぐらいのスズキ2匹キャッチしました。本命のチヌは1匹でしたが。
    チヌのルアーへの出方はいつもの通り追尾してからの吸い込みでしたが、スズキは着水後のワンアクションで豪快にひったくる感じでしたよ。
    おそらくカタクチイワシが寄って来ているのだと思います。

    返信
    1. suzushige 投稿作成者

      こんにちは!
      さすが好釣ですね!羨ましいです^^
      このスズキも、まさにそのようなバイトの出方でした!
      イワシをベイトにしていると、そんな感じになるんですね。
      僕も今日チヌを狙いましたが、ペンシルに追尾してくるだけでバイトさせられず・・・。
      あれこれチヌの気持ちを妄想する1日でした。
      壱号さんは、こんなときアクションとルアーサイズどちらを優先して考えられますか?
      また、機会があったらご意見聞かせてください。

      返信
  2. 壱号

    私の経験上からしかお答えできませんが。
    どっちかと言えばアクションでしょうね。
    ただし、一度反転した個体はルアーを替えて食わすのは難しいと思います。
    追ってきたスポットは時間を置けばまた食うかもしれません。
    チヌもスズキも比較的長寿の魚ですし、個体の性格が異なります。ですから本来はヒットルアーも使い手それぞれでしょう。
    逆に青物なんかは釣れた情報がヒットルアーと共に伝播するので、釣り人のルアー選択も偏る傾向にあると思います。

    返信
    1. suzushige 投稿作成者

      コメントありがとうございます!
      やっぱり、「やる気のある個体」を探すランガンの大切さを感じますね。
      今朝も狙いましたが、数回バイトがあったものの乗せられずでした・・・。
      特訓している間にチヌトップの時期が終わりそうでこわいです^^;
      青物の声もぽつぽつ聞こえ始め、これからのシーズンも楽しみですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA