エリアトラウト

ミノーイングを特訓せよ!白河フォレストスプリングス実釣レポ10月編その2

白河フォレストスプリングス実釣レポート2022.11-2

またまた白河フォレストスプリングスへ行ってきたのでその実釣レポです!

前回の釣行でブルックトラウトが乱舞したので、今回はミノーイングを特訓するぞ!というテーマを胸にエントリーです。

当日のコンディション

万年筆ペンとノートの日記メモ

11月下旬。時間は7:30〜11:30の4時間。

天候は晴れ。風は無風から体感6m(北寄りの風)へ変化。

気温は9度から15度へ上昇。水温は9度。

サードポンドをサラリとチェック

オープンから少ししての入場でしたが、なんとサードのお立ち台に誰もおらず。

平日とはいえ人気ポイントなのに、珍しいこともあるもんだ。

と思って近づいてみると、あれ?お立ち台からの流れが効いていない…。

水路が塞がっているのかも。魚が寄る要素も減るので、不人気だったのね。

で、ミノーイングだ。

ド定番のインレットにはフライマンさんが複数入っておられたので、小さい流れ込みを一応チェック。

魚影は薄く、小ぶりなブルックがウロウロしていましたが別にポイントに固執してる訳ではなさそう。で、産卵を意識している訳でもなさそう。

ミノーでホレホレと誘いましたが、どうにも興味を持ってもらえずに終了。

セカンドポンドで理想的なキャッチ!

サードポンドはどうにも、こうにも、という感じだったのでセカンドポンドへ。

バスデイのシュガーミノー50Fをチョイス。

created by Rinker
バスデイ(Bassday)
¥1,595
(2023/02/02 21:27:16時点 Amazon調べ-詳細)

使い方は連続ショートトゥイッチからの、ゆったりとしたトゥイッチ。

スイッチを入れてから、追わせて食わせるイメージでメリハリのあるトゥイッチを続けていると、ゴン!

フロントフックに食い上げバイト!

きっちりミノーを意識して食いにきてくれたようです。

それから後が続かず、セカンドポンドをランガン。

良いアタリがあっても乗せられなかったり…。ミノーイング、特訓中とはいえ熱くなりますね。

地形変化を意識した方が食わせやすそう、というのをなんとなく体感しつつ、場所移動です。

ファーストポンドでついつい浮気を

今日はとことんランガンするつもりだったので、早々にファーストポンドへ。

風があり、木の葉が水面に落ちる展開。

魚も水面を意識しているんじゃないか…?とトップを投げてみるも反応。

そんでは、と気を取り直してミノーを投げるも反応はあまり良くなく。

レインボーによる威嚇っぽい突進は時たま見られるものの、バイトしてくる感じでもなく。

そんな中、シャローエリアでポケタンと浮いているレインボーの群れを発見!

サイズ的には30cmくらいか…ミノーで食わせるには厳しそうなのでクランクか…と思いつつ、いやいや、今日はミノーイングの特訓だから…と葛藤しつつ。

結局、投げちゃうよね!

禁断のバナナは投げて巻くだけで結果が出るのです。

 

ごく、ごくごくスローに巻けばそれでOK!連発!

 

やる気のないレインボーもうっかり口を使ってしまうアクション。

非常にイージーなルアーですが、この日は強風。で、風を嫌がって竿先を下げると藻が絡まる。藻を嫌がって竿先を上げると強風にラインを煽られアタリが取れなくなる。

この場での正解は、「竿先を下げゆっくりゆっくりと藻が絡まらない深さを引く」でした。

投げて巻くだけには変わりないんですが、スピード調整がキモですね。

3匹釣るとスレてきたようで、アタリが遠のいたのでここまでとしました。

ランガンでイロモノ。午前中は難しい?

で、前回の釣行でブルックトラウトが乱舞したので2匹目のドジョウを狙いにランガン。

魚が溜まっているポイントを見つけるも、あれ?なんでか打って変わって食いが悪い。

前回と似たポイントを、似たルアーの、似たアクションで通すもバイト数は激減。

魚はいるんだけど、この違いはなんだ?

と、あれこれ考えた結果、出した結論は時間帯と天候。

前回は曇天の夕マヅメでしたが、今回は晴天の午前中。

前回は魚がフィーディングしてくる殺気ムンムンでしたが、今回はルアーや人影に逃げ惑う魚たち。外的要因によって、ここまで反応が変わるのか…と目から鱗な一幕でした。

再びセカンドで

Twitterで繋がっているt2lowさんがセカンドにいらっしゃるということで、ご挨拶に。

Twitterのフォロワーさんとは初めてお会いしたので少し緊張しましたが、気さくな方でエリアトラウトから海釣りまで釣り談義に花が咲き、並んで釣りながら楽しい時間を過ごせました。

時間帯的には渋かったのですが、ミノーイングの練習中に空気を読んだジャガーが口を使ってくれました。

オリジナルのハンドメイドミノーもいただいてしまい、大変ありがとうございました。あとヒット中にタイミング悪く話しかけてしまいすみません。。(私信)

あ、今更ですが@szksghlでTwitterやってるのでよかったフォローしてね!(爆)

今日の教訓と今後の展望

リザルトは7:30-11:30の4時間で6本。ミノーで3本、クランクで3本でした。

ミノーイングには苦手意識がありましたが、やり込むことで見えてきたことも。

闇雲に投げるより、フィーディングしやすい地形を意識してポイントを絞るとバイト率が上がる感じです。

イロモノが婚姻色で色づく初冬までのシーズン、旬の釣りとしてまだまだやりこんでみたいと思います。

本日のヒットルアー

ミノーイングで使いやすかったのは、バスデイの名作「シュガーミノー50F」。

created by Rinker
バスデイ(Bassday)
¥1,595
(2023/02/02 21:27:16時点 Amazon調べ-詳細)

レンジが入りすぎないので、ボトムに藻が密集しているポイントでも手返しよく打つことができました。

リズミカルなトゥイッチでスイッチを入れ、スローなトゥイッチで食わせの間を演出。

 

手慣れてきたので、あとはポイントの選定眼を養いたいところです。

クランクは鉄板のティモン「ぺピーノMR」。

よく誘い、よく食わせる名作ニョロ系です。人気すぎてAmazonでは品薄になってますね。

▼詳しいインプレはこちらからどうぞ!

ぺピーノMR
ぺピーノ(ティモン)のインプレ!低活性時のエースルアー!ティモンのニョロ系エリアトラウトルアー、「ぺピーノ」の実釣インプレです! ぺピーノってどんなルアー? ティモンからリリースされている...

那須白河フォレストスプリングスでのランチはココがおすすめ!

フォレストスプリングスのレストハウスであるFSカフェ。

管理釣り場とは思えない、美味しくあたたかな食事をいただけます。

詳しい実食レポはコチラからどうぞ↓

白河フォレストスプリングのFSカフェ
FSカフェ(西郷村)|釣り堀併設の穴場カフェ!釣り人以外もチェック!西郷村にあるFSカフェに行ってきたのでその実食レポです! 釣り堀併設のカフェなんですが、ログハウス風のお洒落な店内でボリューミー&...

以上、「ミノーイングを特訓せよ!白河フォレストスプリングス実釣レポ10月編その2」でした!

那須白河フォレストスプリングス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です