エリアトラウト

午後から連発!白河フォレストスプリングス実釣レポ12月偏

白河フォレストスプリングス実釣レポート2022.12-2

12月、白河フォレストスプリングスさんに行ってきたので、その実釣レポです!

公式サイトによると前日の釣果は「朝は渋め、午後から良さげ」とのことでしたが、全く同様の展開となりました…!

12月27日、仕事納めはまだこれからなので、そこまで混雑している様子もなく。

混雑状況はこんな感じ↑

今回はたっぷりやりたかったので、ポールポジションをゲットしました。

当日のコンディション

本を片手にペンでメモをしている読書している女性

天気は晴れ。

風もほぼなく、穏やかな日。

水温は朝イチで2度、午後イチで場所替えして5度前後でした。

時間は7:00〜17:00、久々のオールです。

午前中、サードポンドのインレットは大不発

ひょっとしたら元気なコーホーがいるかも?と期待したものの、不発。

朝イチは絶好のスプーンタイムでもあるので、安定のハイバースト1.3g金で探ります。

created by Rinker
DUO(デュオ)
¥457
(2023/02/03 07:02:06時点 Amazon調べ-詳細)

秋シーズンと違って、表層〜中層の反応は薄い。

カウント5〜8秒まで沈めて、リールを秒1/2回転程度で巻いてくるとアタリは得られる、けど乗らない。

乗った、と思ったら、すぐ外れる。

魚のレンジに合わせられてはいるけど、タックルバランスおよび腕の問題でなかなかキャッチできず。

と、いうわけで9:00頃までヤキモキしつつ、諦めてモグモグタイム。セブンイレブンのちぎりパン美味しいです。

なにせ、晴天どピーカン。鏡のように穏やかな水面。圧倒的低水温。こりゃ辛いわ。

とかなんとか考えていると、急に風が吹き始め、水面が波立ってきました。

これ〜はチャンス、これ〜はチャンス、と「明日があるさ」のリズムでいそいそとルアーを投げると連発!

先ほどの渋さは何処へやら。アクションはニョロ系、カラーはピンク系にバイトが集中しました。コースは流心付近、使い方は至ってオーソドックスな巻物です。

(ブラウンはデジ巻きに反応しました)

さっきまで同じルアーを投げ倒しても全く反応がなかったのに、水面が波立って警戒心が一気に弱まったようです。やっぱり時合いって大切ね。

昼食はFSカフェで

詳しい食レポはこちらから↓

白河フォレストスプリングのFSカフェ
FSカフェ(西郷村)|釣り堀併設の穴場カフェ!釣り人以外もチェック!西郷村にあるFSカフェに行ってきたのでその実食レポです! 釣り堀併設のカフェなんですが、ログハウス風のお洒落な店内でボリューミー&...

午後は連発タイムもあり

陽の当たる場所を探して

午前中は低水温で痛い目にあったので、インレットは捨てて少しでも水温が高そうなポイントをランガン。

スプーンでコンスタントにヒットを重ねているおじさまがいたので、付近で見よう見まねでキャストしてみると一発ヒット!

小ぶりなブラウンでした。今シーズンの白河フォレストのブラウンは、基本的に20cmクラスの小振りが多いような気がします。

こりゃスプーンで連発か?と思ったら、あっという間に沈黙。午後だとそんなもんだよね。

ということで、毎度お馴染みの必殺ルアーにチェンジして連発!

午前中はピンク系にバイトが集中しましたが、午後はピンク系は振るわず。イエロー系が大人気でした。

ちょっとレンジを入れるため、MRからDRに変えると今日イチサイズも。

めちゃくちゃ走りまくってめちゃくちゃ楽しかったです。

ラフファイトでフックを伸ばされがちでしたが、今回のドラグ調整はうまくはまっていたようでした。

基本的にはゆっくり巻いて巻いて、足元まで追ってきても弱った動きを演出して足元で食わせる!というパターンが多いんですが、足元で早まきしてもリアクションバイトも。

ドクリンゴカラーであんまり釣ったことなかったので、結果が出て嬉しいです。

恋の季節は終わったようで

紅葉シーズンにはブルックトラウトの群れを見受けられましたが、落葉してしまうとブルックトラウトの魚影も薄くなってしまいました。

ミノーイングの特訓はまた来年。今年は引き出しを増やせて良かったな。

夕方からは連発!

夕方からは活性が上がってきたようで、コンスタントにヒット!

散発的なライズは見られるので、水面を意識はしているよう。でも、トップには出てこない。

そんな時は、トップのちょい下のレンジを似た波動で通します。

活躍するのは、ピコイーグルプレーヤーやクーガナノ。

ロッドを立てて潜りすぎないようにしつつ、竿先に振動を感じる速度で巻いてやればガツン!という気持ちの良いバイト。

ポイントが良かったということもありますが、ぺピーノやスプーンでも。体高のあるグッドファイトなマスたちが相手をしてくれました。

 

で、いよいよ日没が近づいてくるとどピンクルアーたちの活躍。

視認性って、あるんでしょうね。

午前中の渋さなんのその、という夕爆タイムを味わいました。

今日の教訓と今後の展望

なにせ午前中3本、午後20本という展開。

インレットに拘らず、魚がいそうなポイントを探して考えての釣りが良かったようです。

あと、ちょっと残念なこともあったので載せておきます↓

せっかくの休日、せっかくお金を払って、水の流れや魚とのやりとりを楽しみに来ている訳ですから、後列者が浅ましく先行者をダッシュ抜きして場所取りするのはどうかと思うぜ!

まあ、釣り人の大体は浅ましいんですが…。そんな中で、思いやりを持って釣りを楽しまれている方とお会いできるととっても嬉しいですね。

来年も、マナーを守って末長く釣りを続けていきたいです。

以上、「午後から連発!白河フォレストスプリングス実釣レポ12月偏」でした!

白河フォレストスプリングス

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です