エリアトラウト

つれない釣り堀釣り天国実釣レポート!2月編

2月、雪景色のつれない釣り堀釣り天国に行ってきたのでその実釣レポです!

当日の状況

釣れない釣り堀釣り天国の3号池(2022.2)

天気:雪のち晴れ

気温:ー2度→4度

水温:6度

風速:北寄りの風2m→4m

9:00からのエントリーでしたが、平日ということもあり貸切です。

9:00-10:15 リアクションでスイッチオン!

まずは3号池にエントリー。

流れ出し付近をスプーンをチェックするも、北風を正面に受けて何をやっているかイマイチよくわからず…。

2号池側の流れ込みに移動してチェック。

うーん、追ってこない…。

カランバの激スローリトリーブなら細かく触ってくる感触はあるんだけど…。

ということで、ミニマルエボロジーで強制的にスイッチを入れることに。

ブリーデンのミニマル50サクラグロー

キャストして、中層をデジ巻きで巻いてくるとピックアップ直前にバイト!

白河フォレストさんで効果的な攻め方ですが、同じ林養魚場の魚を入れている釣り天国さんでも通用しホッとしました。

▼ミニマルエボロジーの使い方やインプレッションはこちらからどうぞ!

ブリーデンのミニマル50サクラグロー
エリアトラウトの必殺ルアー「ミニマルエボロジー」インプレ!本来はライトソルトゲームルアーとしてリリースされているブリーデンのミニマルエボロジーですが、エリアトラウトでも活躍するのでご紹介!です!...

3号池では連発はせず、2号池の様子を見に行くことに。

10:15-10:50 プラグでスローに!

2号池は3号池よりもクリア。

魚は目視できる程度に浮いてはいますが、ポンド全体に散らばっているようです。

とりあえず、2号池でも流れ込み付近をスプーンで触りをチェック。

…反応なし。3号池同様に、相当スローなようです。

同じようにミニマルでスイッチを入れようかな?と思いつつ、同じスイッチを入れるなら縦の動きでやってみよう!とブランキーFをチョイス。

早いデジ巻きで潜らせて、浮かせて見せる縦の動きでは…反応なし。

では、弱い横の動きということでデッドスローリトリーブはどうか?

ということで、着水後にテロテロ巻いてくると一発でバイト!

アクションを変えた直後にヒット。

40cmアップのレインボートラウトでした。

created by Rinker
ROB LURE(ロブルアー)
¥1,414
(2022/05/11 00:06:07時点 Amazon調べ-詳細)

10:50-11:00 強風には青銀スプーンで!

昼前には時折強い風が吹くようになり、水面にもいい波が出てきました。

風が吹いたら青銀で…というのは個人的に感じているジンクスですが、特に釣り天国では効く気がします。

今回使用したスプーンはスリムスイマー5g

対岸までキャストし、風下に溜まっている魚を掛けていきます。

スリムスイマーは強風にも強いので、この時期重宝します。

今回の所感&今後の展望

何はともあれ、やっぱりなかなかに渋い状況。

魚のスイッチを入れるアクションか、風が吹くタイミングによるスプーンがキャッチしやすかったように思います。

ビタビタにハメて連発する釣り場ではないと思うので、今回のように1匹1匹丁寧にキャッチするための手数を増やしていきたいです。

以上、「つれない釣り堀釣り天国実釣レポート!2月編」でした!

つれない釣り堀釣り天国

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。