夏だ!青物だ!梅雨明けの淡路島で青物ゲット釣行レポ2018

平成30年7月豪雨では、広島・岡山を始め多くの被害が出ました。

淡路島は大きな川がないため河川氾濫こそありませんでしたが、土砂崩れは島内でも発生しています。

罹災された方には、心よりお見舞い申し上げます。

その豪雨の翌日、近畿地方で梅雨明けが発表されました。

水害の影響がニュースになっているなかで釣りに行くのも不謹慎かなと思いつつ、東日本大震災の直後も「過剰な自粛ムードはやめたほうがいい」「普段の生活を見せてほしい」という声をよく聞いたので、結局釣りに行きました。

大雨の後、濁りが効いていればシーバス?

大雨の後、濁りが効いていれば・・・狙うはシーバス?

シーバス釣りは苦手なのでイマイチピンときてませんが、濁りが入れば活性が上がる?

ということで、河川をチェック。

うーん、いい感じに濁ってるけど。異常なし。

それでは河口は?

流れが早く、ゴミが多い。

ハクやおたまじゃくしが急流に流されていくのが目視できます。

はて、こういう流下ベイトをどこぞで捕食するシーバスがいて然るべきとは思うんですが・・・。

イマイチポイントをつかみきれず。

では、堤防は?

むむ!濁りと澄み潮がはっきり分かれている!

教科書的には、この濁りと澄み潮の境目にシーバスはいるはず!

ということで、いろいろなルアーを投げ倒してチェックするも反応なし。

やはり縁がないというか、才能がないというか、向いていないというか。

薄いながらも、ベイトの気配はアリ

それでも時折、ベイトが海面でざわつく気配はアリ。

といっても、なんとなく勘違いでざわついている雰囲気もあり、フィッシュイーターに追われている雰囲気はなし。

とりあえず梅雨明けしたということで、夏っぽいルアーで攻めてみる。

トップに、テッパンに、ブレードに。

それぞれのレンジを刻んでも反応なく、ああ無情状態。

困った時はボトムを狙え、ということでPB30でボトムを舐めるようにトレース。

着底後、底を切って秒1回転くらいのリトリーブでコクンッ・・・グッ!というアタリ!

よく走るのでサバか?と思いきや、今年初物のツバスが上がってきました。

釣りたては若い鮎のように輝いて(って、他の魚に例えるのも失礼か)、めちゃくちゃ綺麗な魚体でした。

フロントフックにがっつりフッキング。

リアはサポート的にアゴにフッキングしていました。

久々の魚だったので、ゆっくり写真撮影。

手返しよく釣っていたら連発したかもしれませんが、群れは通り過ぎたようでその後はアタリなし。

日もすっかり昇ったので、納竿としました。

ツバスの胃の中チェック。結構ベイト食ってました

胃を捌くと、中から出るわ出るわ。

4cm前後のカタクチイワシが大量と、10cmくらいの・・・キスでしょうか?

メインベイトのカタクチがかなり小さいことを考えると、ブレード系のスピンテールルアーがしばらく効果的かもしれませんね。

本日のタックル

▼▼▼

以上、「夏だ!青物だ!梅雨明けの淡路島で青物ゲット釣行レポ2018」でした!

こちらの記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA