【釣行記】淡路島、青物不在?アオリイカを訪ねて・・・

いや、淡路島でもポイントによっては青物が湧いているようで。

しかし、どうにも、ホームには青物お留守のようで。

いや、正確には沖にはいるけど射程距離に寄らないようで。

好調で連発していた昨秋が懐かしい・・・。

シーバスロッドで1時間に3本ペース、今年はもっといけるかなと思ったものの。

なんてボヤいてもしょうがないわけで。

どうにも、今年は寄らない。

自分だけが釣れないならまだしも、周りの釣り人も竿も曲がる気配なく。

このまま、ライトゲームの時期に突入するのかな〜。

なんて思いつつ。

しかし、秋は多魚種が狙える絶好の釣りシーズン。

ここはアオリイカが釣れるポイントでもあるものの、強い上げ潮で雰囲気はイマイチ。

ということで、シャローへ移動。

堤防先端付近のアオリイカは抜かれていると判断し、付け根付近で1発1中。

エギのピックアップ直前に、慌てて触腕を伸ばしてきた若いアオリイカ。

サイズは12cm程度、グラムにして200gあるかないかといったところか。

迷わずリリース。

まだこの時期は小イカが多いですね。

同じポイントでも、あと1ヶ月もすれば居着きの個体が成長し、潮流に関係なく400gオーバーが釣れてくるはず。

それまでシャローや港内を撃つのは控えようと思います。

本日のタックル

●ロッド:ラテオ 100 ML (ダイワ)

●リール:ナスキー C3000 (シマノ)

●ライン:G-soul X8 1号(YGKよつあみ)

●エギ:エギ 王 Q LIVE (ヤマシタ)

 

エギは安定のエギ王Q、個人的な鉄板カラーは虹テープ×ピンク布×夜光ボディです。

朝マヅメ、デイ、夕マヅメまで、幅広いシチュエーションでアオリイカを抱かせます。

(夜はイマイチ)

▼▼▼

このままライトゲームモードに突入するのであれば、狙いは大アジか?

以上、「【釣行記】淡路島、青物不在?アオリイカを訪ねて・・・」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA