アオリイカ

淡路島でアオリイカエギング!活性の高い朝マヅメを狙い撃て!

朝マヅメに餌木猿SSで釣ったアオリイカ378g(2020.11)

上げの潮が大きく動くタイミングに、夜明けが重なる・・・。

これはアオリイカの活性も上がるのでは!?ということで、30分1本勝負のエギングに行ってきたのでその実釣レポです!

朝マヅメ、シャローにフィーディングに入るアオリイカをチェック

強い上げの潮流に朝マヅメという時間帯が合わさったので、高活性のアオリイカがシャローにフィーディングに入っているのでは?と仮説立て。

ポイント自体は新規エリアなので様子を見ますが、どうにもかなり浅い。

深場がもう少し近くにあった方が、ポイントとしては良さそうだな…と思いつつ、一通りチェックするも反応なし。

シャローエリアには早々に見切りをつけ、隣接するポイントから潮流の効いたディープへ。

餌木猿を潮流に乗せて、ただ巻きでキャッチ!

餌木のアクションと言えば、「シャクリ」で捕食スイッチを入れて「フォール」で抱かせるというイメージですが・・・

「朝マヅメ」という条件で既に捕食スイッチが入っていると仮定すると、「ただ巻き」だけで抱かせることは可能なのでは…?

ということで、ただ巻きに定評のある餌木をチョイスし、沖のディープにキャスト。

1投目、10秒フォールさせリトリーブ。2秒1回転のスピードでゆっくりと引いてくると、突如グンッ!と竿先を持ってかれるアタリ!

朝マヅメに餌木猿SSで釣ったアオリイカ378g(2020.11)

う〜ん、秋の深まりとともに良いサイズ。トンカツ(大)のオスアオリイカでした。

フッキング位置は眉間。

朝マヅメに餌木猿SSで釣ったアオリイカ378g(2020.11)

餌木のレンジに上昇し、捕食する気満々でカンナに接触したようなフッキングでした。

使用した餌木は林漁具の餌木猿3.5号SSせとか赤テープ

朝マヅメに餌木猿SSで釣ったアオリイカ378g(2020.11)

マヅメ時ですが、日の出時刻を過ぎても曇天でローライトな条件で太陽光の差込みはなし。

シルエットが強く出る赤テープをチョイスしました。

初めて入るポイント&初めて使うエギで狙い通りキャッチできると嬉しいですね!

水温がまだ高い状況が続きそうですので、しばらくアオリイカも追いかけてみたいと思います。

以上、「淡路島でアオリイカエギング!活性の高い朝マヅメを狙い撃て!」でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です