【淡路島de根魚】指4本以上のビッグママ!

抱卵ガシラ(ビッグママ)

盛り上がった体高に、パンパンのお腹。

指4本以上の抱卵ガシラ(ビッグママ)と出会ったのでその実釣レポです。

抱卵ガシラ(ビッグママ)との出会いは川べりだった

もともとは、シーバス狙いで河川にエントリー。

しかし、思ったより低水位。

川面にシーバスらしき影は見えるものの、なかなか口を使ってくれるようなシチュエーションではない。

ルアーを通すと、アマモの猛攻を受けて高確率でアマモ付きルアーとなってしまう。

水門周りをバーチカル(垂直方向)なワインドで

趣向を変えて、ハードルアーからワームへタックルチェンジ。

ワインドで攻めてみることにしました。

ポイントは、水門周り。

気配を消して、ワームを垂直にダートさせてリアクションで釣る作戦です。

5gのダート用ジグヘッドに、マナティーをセット。

一旦ワームを底まで落とし、チョンチョンチョンと縦に動かし、スーッと落とす。

これを3回ほど繰り返すと・・・。

ガツン!

と強烈なアタリ!

いいサイズでは?とぶっこ抜くと、丸々太ったガシラが上がってきました。

抱卵ガシラ(ビッグママ)

体高は指4本以上。

体長は意外と伸びず、23cm程度でした。

お腹を触ると、卵(白子?)がちょっぴり出そうだったので早々にリリース。

淡路島ガシラ(カサゴ)の産卵期

ガシラ(カサゴ)の産卵期って2月頃のイメージがありましたが、3月末でもこんなビッグな個体が上がるんですね。

昨年は4月に婚姻色のアイナメを釣ったことを考えると、意外と3月末〜4月頃っていうのが根魚のローカルな産卵期なのかもしれません。

以上、「【淡路島de根魚】指4本以上のビッグママ!」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA