プラグ縛りのメバルゲーム!飛距離稼いでランガン!

今回は、お手軽なプラグ縛りのメバルゲーム。

ハードルアーオンリーなので、手返しよくサクサク探っていける気軽さが魅力です。

シャローのゴロタ浜にエントリー

場所はシャローのゴロタ浜。

時間帯は夕マズメ。

ちょっと潮位が低いのがネック。

潮位100cm以上ないと魚が浮きにくいポイントですが、今日はギリギリいけるかな、という感じ。

シャローのプラグゲームは飛距離が重要

もともと浅場のポイントに、潮位が低いタイミングでエントリー。

遠投しないと魚がいるポイントに届きません。

最初はウレタン系のプラグで攻めましたが、どうにも飛距離が稼げず苦戦。

より自重があり、より飛距離が稼げるハードルアーにチェンジです。

ルアーをあれこれ試してみよう

プラグに飽き足らず、メタルジグを投げたり、あれこれ試行錯誤。

そして、やっとぴったりくるヤツ。

着水後、すぐに1秒2回転でリトリーブ。

がつん!と20cmサイズのガシラ(カサゴ)が食ってきました。

攻め方同じでも、投げる方向を変えるだけであっという間に2匹目。

ちっちゃくなっちゃった。

12,13cmくらいのミニガシラです。

ハードルアーにはあまり反応しないサイズですが、クリア系のカラーだったのでバクリだったのでしょう。

日が暮れたらメバルの出番

日没前は夕飯を食べに浮いてきたガシラの猛烈ラブアタックを受けましたが、日が暮れたらメバルの時間。

風が出てきたので、鉄板系の小粒バイブにチェンジ。

まずは18cm程度の赤メバル。

攻め方は相も変わらず、着水後すぐに秒2回転でリトリーブ。

これだけ。

非常にシンプルですが、魚からのコンタクトも多く、手返しが早いため広くランガンしたいときにおすすめの攻め方です。

そんなこんなで、こちらは白メバル。

先ほどの赤と同じ18cm程度のサイズ感ですが、白のほうが体高がありますね。

ある程度楽しみましたが、これ以上サイズが上がらなさそうだったので納竿としました。

 

本日のヒットルアー

本日活躍したのは、次の2ルアー。

どちらも、強風下でも飛距離が稼げて広いレンジを探れるのでオススメです。

アピアのゴールドワン

出典:Apia

ガシラを釣っていたのはアピアのゴールドワン。

ソリッドボディながら、クリアカラーも揃っているのが特徴。

ただ巻きで非常に細かくウェブリングするので、スレさせたくない場合に有効です。

春夏のベイトパターンのライトゲームではかなり活躍します。

フラッシング効果が期待できるので、夕マズメなんかはギラついたカラーも多用します。

ブリーデンのビーバイブ

メバルを釣ったのはブリーデンのビーバイブ。

ライトゲーム用バイブレーションですが、ただ巻きからリフト&フォールまで様々な使い方ができます。

フックセッティングもいろいろできますが、表層メバル狙いならフロントにトリプルフックを。

また、アイの位置も調整でき、前方のアイは波動を抑えめにして見せたいとき。

後方のアイは波動を強くしてアピールを高めにし、不安定な動きを出したいときに利用します。

今回はリトリーブ中心だったので、フロントアイにスナップをつけて使用しました。

▼▼▼

自分基準では「20cm以下の根魚は全てリリース」のため、今日はお持ち帰りなし。

潮位がもっと高ければ、もっと良いサイズが浮いてきたと思います。

メバルのライトゲームシーズンももうちょっとで終わりそう。

今年は尺に出会えるのか?

まだまだチャレンジしてみたいと思います。

以上、「プラグ縛りのメバルゲーム!飛距離稼いでランガン!」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA