淡路島メッキゲーム2016秋

秋の訪れとともに、釣りターゲットが増えてきましたね。

台風の後は淡路島の一部でサゴシ(サワラの幼魚)が爆釣したとのことですが、いよいよ淡路島全域で青物が釣れるようになってきたようです。

しかし、今回は秋のライトゲームを楽しむべく、アジング・メバリング用のロッドとリールを使って小規模河川に釣行しました。

本命は、キス。

しかも、メタルジグで釣りたい(笑)。

キスをルアーで釣るとしたら、ガルプのサンドワームなど臭い系ワームを使ったチョイ投げが主流ですが・・・。

あくまでメタルジグで釣りたい(笑)。

というわけで、本命はキスにおいていますが、何が釣れても楽しむ!ということで五目釣りのはじまりはじまり〜。

淡路島の小規模河川にエントリー

今回は、淡路島の小規模河川にエントリーです。

なんでも、10月の上げ潮に乗って良型のキスが入ってくることが多いとか。

ということで、「やる気のあるキス」を本命としたライトゲームスタートです!

キス用メタルジグは何がいい!?

何がいいかな〜と考えて、候補に出したのがメタルジグが2つ。

1つ目は、JAZZの爆釣JIG Ⅱメバルチューンです 。

キスのついばむ・吸い込むようなアタリをとらえるため、シングルフックのほうがいいかな?と考えてみました。

2つ目は、ジャッカルのチビメタです。

同じく、キスのついばむ・吸い込むようなアタリを拾いたいな〜という思惑はありますが、フロントにもアシストシングルフックがついているのがミソです。

実釣開始!

シャローを中心に、メタルジグを投げ分けます。

ただ巻きやテンションフォール、フリーフォールなど色々試してみますが、どれも反応なし。

う〜ん、何もいないんだろうか、ということでちょっと水深のある河口寄りにポイント移動です。

JAZZの爆釣JIGメバルチューンにメッキがヒット!

河口寄りのポイントでJAZZの爆釣JIG2メバルチューンをチョイス。

JAZZの爆釣ジグメバルチューン

キャストし、リールのベールをおこしたままフリーフォール。

なんとなく、ぼんやり物想いに耽り、思い出したようにベールを倒してリーリング開始。

すると、ゴツン!ゴツン!という生体反応!

フォール中に根魚でも食いついてきたかな?と思い、竿を立て気味にしてリールを巻き、底から引き剝がします。

相変わらず、ゴツン!ゴツン!という強い引きですが、下へ下へと突っ込むわけではなく、かといってサバのように右へ左へ走るわけでもなく、不思議な感じです。

上がってきたのは、24cmとグッドサイズのメッキでした。

JAZZの爆釣ジグメバルチューンでメッキ

たまたま、群れの上にキャストして群れの中にメタルジグがうまく入っていったのでしょう。

メッキ

釣った、というより釣れた、という感じなのが不本意ですが、なかなか楽しめました。

キスの外道、というと不思議な感じですが、やっぱりライトゲームは楽しいですね。

以上、「淡路島メッキゲーム2016秋」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA