グルメ

新店オープン!南あわじのケーキ屋さん「コロリス」に行ってきたよ!

パティスリーコロリスの外観

2020年5月9日にオープンしたばかりのケーキ屋さん「コロリス」に行ってきたのでその突撃レポです!

南あわじ市はスイーツの既に激戦区になっている、気がする…!

オープン直後のお店なので、食べログなどの掲載はまだありません。

店舗情報を載せておきますね↓

コロリス

定休日:火曜、水曜不定休
営業時間:10時半〜19時
電話番号:0799-38-6262
住所:南あわじ市榎列松田733-24
インスタグラム:@corolis

南あわじ市「コロリス」の外観

場所は榎列のクリスタルパレス、うどんが美味しいめし処「やじろ兵衛」の並びにあります。

パティスリーコロリスの外観

白を基調とした、可愛らしい店構え。

パティスリーコロリスの外観

2020年6月現在、新型コロナウイルスの影響で入店は3組までに制限されています。

13:30頃に来店すると、なんと残りのケーキは3つ!

午前中に行かなきゃ売り切れちゃう!?と思いきや、この日はたまたま午前中にたくさん買われたお客さんがいらしたようです。

オープンした直後なので、何かと話題のお店。

確実にケーキをゲットするには、午前中の訪問が良いかもしれません。

コロリスのケーキ、実食!

コロリスで買ったケーキの実食レポです!

スフレフロマージュ(400円)

パティスリーコロリスのスフレフロマージュ

しょっぱなから衝撃の展開。な、なんやねんこのスフレフロマージュ…!

チーズケーキは断然ベイクドでしょ!という宗派に属していたんですが、改宗しました。

パティスリーコロリスのスフレフロマージュ

ぽろぽろ、ボソボソというマイナスの既成概念をぶち壊し、フワフワ感としっとり感という相反する食感が絶妙なバランスで同居しています。

このバランス感覚、ヤジロベエの如し。ここ!という一点において成立しているのではないか。

ミルキーでクリーミーな味わいは、コーヒーのお供にもぴったり。

一般的なチーズケーキのような、レモンの酸味は強くありません。

シュー・ア・ラ・クリーム(300円)

パティスリーコロリスのシュー・ア・ラ・クリーム

ザクザクとしたアーモンドの食感が楽しいシュークリーム。

クリームは、フレッシュな生クリームとこっくりしたカスタードクリームの2層で構成されています。

パティスリーコロリスのシュー・ア・ラ・クリーム

可愛らしいルックスは、RPG初期に登場するモンスターのよう。

パイ生地の塩味がクリームの旨味を引き立てます。これぞ、良い塩梅。

さくらんぼのタルト(400円)

パティスリーコロリスのさくらんぼのタルト

季節のタルトに、さくらんぼのタルト。

さくらんぼは甘酸っぱく、シロップ漬けのダーク・チェリーでしょうか?

パティスリーコロリスのさくらんぼのタルト

タルトの下層はカスタード・プディングのようなしっとり感。

さくらんぼの甘酸っぱさと良くマッチします。

▼▼▼

全体的な特徴としては、どのスイーツもミルキーで濃厚!

どれも美味しかったので、これは他のケーキも気になるぞ…!

お目当てのメロンのショートケーキは売り切れだったので、機会を見てまたリベンジしたいと思います。

以上、「新店オープン!南あわじのケーキ屋さん「コロリス」に行ってきたよ!」でした!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です