淡路島の人気ピザ屋!石釜ピザ丸のピザ実食レポート!

淡路島は南あわじ市にある本格石窯ピザ屋さん、「石窯ピザ丸」で焼きたてピザを堪能してきました!

淡路島の「石窯ピザ丸」ってどんなお店?

南あわじ市のちょっと細い道、国道477号線沿いにあります。

高速道路からは西淡三原ICからほど近く、高速を降りて7分ほどで着きます。

カーナビで検索する場合は、「ほっともっと淡路三原」で検索するとわかりやすいです(同じ敷地にあります)。

石窯ピザ丸の店内&メニュー

店内はテーブル席が6席ほど。

大体25名ほど収容できるお店です。

この日は雨の休日ランチに行きましたが、開店(11:30)直後で半分ほど座席が埋まっていました。

店内には「No Pizza , No Life」のスローガンのほかに、こんなスローガンも!

「No Fun , No Gain」。

楽しくなけりゃ食っていけない(稼げない)。

うんうん、仕事はやっぱり楽しくやりたいよな~と、なぜかピザ屋で奮起しました(笑)。

ピザ丸のメニュー

ピザはトマトソースをメインに、クリームソース、チーズベース、和風など。

他には生パスタやデザートなどがありました。

+380円で、サラダorスープ+ソフトドリンクorデザートが選べるセットにもできます。

ピザは店名を冠した「ピザ丸」のほかに、4種のチーズを使った「クアトロフォルマッジ」も気になりましたが、今回はおとなしく定番キラーメニュー「ピザ丸」をオーダーしました。

ちなみに、お会計は珍しく前払い制。

オーダーを決めたら、レジで先にお支払いを済ませます。

ドリンクメニューはこちら。

スプマンテからカンパリ、キールまでイタリアンアルコールもいろいろ楽しめちゃいます。

石窯ピザ丸の「ピザ丸」、いざ実食!

こちらが店名冠したピザ、「ピザ丸」(1,080円)です。

トマトソースにパルミジャーノチーズ、モッツアレラチーズにバジルというマルゲリータベースに、ミニトマトがトッピングされたものです。

チーズはあっつあつのとろっとろ、ミュータントタートルズに出てくるピザのようです(古い)。

それもそのはず、モッツァレラチーズは週3回ナポリから空輸しているとのこと!

めちゃくちゃ本格的です。淡路島なのに

一枚一枚石窯で焼きあげられるため、サーブにはちょっと時間がかかりますがそれでも大満足!

生地はサクサクとふわふわのあいだの、軽すぎず重すぎないちょうどいい食感。

バジルとチーズ、そしてトマトのコンビネーション、最高かよ!とペロリと平らげてしまいました。

ピザ屋さんだけど生パスタもいただけます

今回は、生パスタ「きのこのペペロンチーノ」もいただきました。

きのこは、えりんぎしめじにしいたけ。

ガーリックオイルでしっかりと旨味が閉じ込められています。

生パスタはもちもちで楽しい噛みごたえ。

いや、それにしてもパンが欲しくなるパスタソースであることだよ。

ピザも美味しいですが、生パスタもなかなかです。

ただ、男性にはちょっと量が少ないかもしれません。

石釜ピザ丸のマルゲリータ

こちらはマルゲリータ(1,080円)です。

水牛のモッツァレラチーズはめっちゃ伸びるしふわふわだしでたまらん!

酸味と甘みが効いたトマトソースも絶品!

バジルがよく香り、窯焼きの炭の香りがする生地も香ばしい。

生地はもっちり系にも見えますが、意外やさくさく。

サイズはレギュラーサイズですが、一人一枚だとこりゃお腹いっぱいです。

Sサイズでもよかったかな。

石釜ピザ丸のマリナーラ

こちらはマリナーラのSサイズ(880円)です。

ガーリックが香るぜ!ということで食欲がめっちゃ刺激されます。

ピザ生地はマルゲリータよりも薄くてクリスピーな印象。

ピザのタイプによって生地の厚みを変えているんでしょうか?

ガーリックとバジルとトマトがよくマッチしてますが、ここに唐辛子のオリーブオイルをタラリと垂らせばもう最高!

ピリリと辛いレッドペッパーがガーリックの旨味を引き立てます。

石釜ピザ丸のロマーナ

こちらはロマーナ(1,180円)、マルゲリータにアンチョビがプラスされた1枚です。

生地はサクサクのマリナーラと比べてもっちりしてるかも?

一口食べて・・・ジューシー!

このトマトソースは本当に美味しい。

塩味が効いたアンチョビの風味が大人なテイストを醸し出します。

これはお酒に合いそうだな〜!

マルゲリータの大人バージョンです。

石釜ピザ丸のシチリアーナ

続く一枚はシチリアーナ(1,350円)。

ケッパー、オリーブ、ニンニク、アンチョビ、オレガノなど大人なラインナップです。

チーズなしのあっさりタイプだけど、各トッピングが複雑な味わいを織りなしています。

とにかくジューシーなオリーブとミニトマト。

かぶりつくとジュワッと旨味&風味が広がります。

そこに追いかけてくるのがニンニクのジャンキーなテイストと、アクセントになるのがケッパーの風味。

これもマリナーラ同様、唐辛子オイルがよく合います。

複雑な風味なので、お子様にはちょっと早い一枚かもしれません。

石釜ピザ丸のセットメニュー

プラス360円でセットメニューにできます。

サラダかスープを1品と、ドリンクかデザートかを1品。

ちなみに、スープはミネストローネでした。

トマトの旨味とチーズの風味、そして歯ざわりが心地よい野菜たち。

うまし。

デザートのジェラートは、「淡路島牛乳と百花蜂蜜」。

ほろほろの食感でミルキーなジェラートです。

あっさりしつつ、コクもあります。

食後にぴったりですね。

石窯ピザ丸は子連れでも安心!

幼児であっても、キッズチェアを貸していただけるので安心です。

また、トイレにはベビーチェアとベビーシート(オムツ替え用)がありました。

こじんまりとした店内ですが、子ども連れにここまで配慮いただけると嬉しいですね~。

石釜ピザ丸の店舗情報

定休日:水曜日
営業時間:11:30~14:00(LO.)/18:00~21:00(LO.)
電話番号:0799-20-4092
住所:兵庫県南あわじ市榎列小榎列409-7

 

以上、「淡路島の人気ピザ屋!石釜ピザ丸のピザ実食レポート!」でした!

石釜ピザ丸

淡路島のおすすめイタリアン情報はコチラ!

  1. 【淡路島の子連れOKイタリアン】ポンテメール(淡路ハイウェイオアシス内)
  2. 淡路島で生パスタ!洋食屋Beehive(ビーハイブ)実食レポ!
  3. 春が旬!いかなごピザを淡路島の石窯ピザ丸で!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA