淡路島タチウオ、依然好調!台風後でもなんのその!

近畿一円に大きな爪痕を残していった台風21号。

台風前と後でタチウオの群れはどうなったかな・・・?

と思いきや、淡路島には安定して接岸していました。

秋の始まり。夕マヅメの一瞬、どう過ごす?

たまたま夕方に1時間くらい手が空いたので釣りに行くことに。

さて、何を狙おうかな。

アオリイカにはまだ早いし。(淡路島には時期によってアオリイカ捕獲の自主規制があります

チヌのトップゲームか、はたまたタチウオか。

風は爆風。

うん、タチウオだな。

タチウオの寄りはアングラーの寄りで推測

と、いうことで外洋に面した港にエントリー。

パラパラと釣り人もおり、期待できそうな雰囲気!

しかし、何せ風が強い。

風速8〜12mらしく、時折突風が吹くためテトラポッドでの釣りは注意が必要です。

日没までは時間があるため、鉄板バイブやブレードベイトを投げ倒す。

PB30のフォール中にググーッと何かに竿先を持ってかれたけど乗せられず。

そうこうしているうちに、周りのアングラーにポツポツとタチウオがヒット。

そろそろ群れが回り出したかな〜と、ゾンク120のトリックサーディンをセット。

前回の刀狩りで実績のあったルアーです。

ショートバイト多数で乗らないアタリ!どう獲る?

カウント15まで沈めて、様々な巻き速度で反応を見てみるが、ショートバイトばかりでノリが悪い。

一方で、フォール中に激烈バイトを複数回得られたことが印象的だった。

シンキングペンシルを試してみたかったけど、あいにく持ち合わせがなかったので同ルアーでカラーチェンジ。

膨張色のトリックサーディンから反射色のブルピンに変えてみる。

う〜〜ん、あんまり変わらないかな?

どうやらテトラ際に群れが寄ってきた様で、沖よりも手前でバイトが集中。

周りに人がいないことを確認して、テトラポッドに並行してキャストすると、ショートバイトからマジバイトで様々なバイトを得られました。

まだまだ釣れそうな気配でしたが、途中から雷雨に見舞われたため早々に撤退。

時合いは18時15分頃からスタートしました。

タチウオのサイズはF2.5〜F3

今回の釣果は小型も混じり、F2.5〜F3クラス。

前回はF3が中心だったので、群れによっては成長に差が出るんでしょうね。

秋の深まりとともに成長していくタチウオが楽しみでなりません。

 

スリーフックのミノーはスレがかりも含めてキャッチ率が上がるので、好んで使わせてもらってます。

明滅型の平打ちローリングアクションは、ユーザー目線でも逃げ惑う小魚に見えちゃうほどリアルです。

以上、「淡路島タチウオ、依然好調!台風後でもなんのその!」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA