【おすすめ明石焼き】たこ磯の口コミ記事(明石)

今日は足をのばして、淡路島外の明石エリアに行ってきました。

めちゃくちゃ美味しい明石焼き(玉子焼き)を堪能してきたので、そのレポです♪

明石のたこ磯ってどんなお店?

明石駅からすぐの「魚の棚(うおんたな)商店街」内にある、「たこ磯」さんというお店に行ってきました。

魚の棚商店街

商店街自体は350mちかくあり、明石鯛や明石蛸などを扱う鮮魚店が多いです。

いかなごのくぎ煮を扱っているお店も多かったですね~。

そんな中、平日のお昼前(11:45頃)なのに列ができているお店があります。

たこ磯の外観

そうです、ここが「たこ磯」さんです。

大通りのある東側から商店街に入ってすぐ、明石駅からほど近い好立地ですね。

ちなみに、明石焼きは地元明石では「玉子焼き」と呼ばれています。

「厚焼き玉子」とはまた別なんですね~。

店内はうなぎの寝床のように細長いですが、座席は細長いテーブル席で30席ほどあります。

手狭ではありますが、子連れでもなんとか大丈夫でした。

明石焼きってどんな食べ物?

こちらが明石焼き、もとい玉子焼き(700円)です。

たこ磯の明石焼き(玉子焼き)

普通のお皿ではなく、少し傾斜のある木板に載って出てきます。

肝心のお味のほうはというと・・・もう、目が醒めたというか衝撃の美味しさでした。

正直、「明石焼きってたこ焼きの隷属ポジションでしょ?」くらいのテンションで一口目はいただきましたが、もう全然別物。

というか、個人的には「美味しいたこ焼きよりも美味しいのではないか!?」です。

とろっとろのたまご生地に、ぷりっぷりのたこと、あっつあつのダシ。

最高です。

たまご生地は、たまごの旨味が凝縮されて、語弊を恐れずにいうと・・・濃厚なプリンみたいです。

たこはたこで、噛みしめるほどに旨味がジュワ~ッと出てきます。

歯ごたえが楽しい♪というレベルではありません。噛みしめるほどに出てくるたこ汁?はヤミツキになります。

そして極めつけはダシ!濃すぎず、薄すぎず、繊細なたまごのあまみの邪魔をしない、なんともいえない繊細さ。

毎回最後まで飲み干してしまうんですが、その実あとからのどが渇いてくるという絶妙な塩加減。

(実はこれ、3度目の訪問です)

関西の粉モンカルチャー、恐るべし・・・!

まだ食べたことない人、特に粉モンカルチャーになじみの薄い関東人は一食の価値ありです。

確実に、世界が変わりますよ♪

店舗情報(たこ磯)

営業時間:10:00~19:00
定休日:無し
電話番号:078-914-5103
住所:兵庫県明石市本町1-1-11 魚の棚商店街内

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA