三宮「唐子」(中華)で中華家庭料理を食べてきたよ!

三宮の中華「唐子(からこ)」はチョイ呑みにもチョイ飯にもぴったり!

ということで、早速お一人様してきました。

三宮の中華「唐子」ってどんなお店?

JR三宮駅のほど近く、歩いて5分ほどの位置にあります。

 

駅近ではありますが、佇まいは裏路地のそれ。

かなり雰囲気のある外観です。

しかし、見た目からしてウマソ〜!な匂いがプンプンします。

店内はカウンター4席と、4人掛けテーブルが2卓の12名ほど。

かなり小ぢんまりしたお店ですが、店外にテーブル席が1つありました。

また、2階にはテーブル卓の席があるそうです。

ご主人と奥さんと、息子さんの3人で切り盛りされている中華家庭料理のお店です。

唐子に入ったらまず何を頼もうか、うん、ピータン

今回、ちょっと迷ってオーダーしたのがこのピータン(300円)。

食感はもっちり、そしてちょっとねっとり。

口の中で濃厚な旨味が絡みついてきて、たまりません。

ごま油も効いており、大人のビン麦茶も進みます。

唐子の焼き餃子は意外とボリューミー

続いて、焼き餃子(350円)。

ちょっと小ぶりな餃子が7つ。

もちもちしていて、小籠包などの天津に近い印象です。

もっちり感がしっかりしているので、小ぶりながら意外と食べ応えがあります。

うん、これは絶対水餃子でいただいても美味しいやつだ。

餃子のタレにはちょっぴりの豆板醤。

これがいいアクセントになっています。

ただ、お酢だけでも十分美味しかったです。ぺろり。

唐子のラーメン。すなわち安定の中華そば

締め(メインディッシュ)はラーメン(500円)です。

透き通った醤油ベースのスープ。

柔らかめの麺はラーメンというより、中華そばといったほうがしっくりきますね。

麺は細めのストレートで、いい具合にスープと絡んでいます。

薄めで桜色のチャーシューもしっとり。

パサつくことなく、上品にラーメンの上に鎮座しています。

あっさりいただけるので、飲み会の後でも胃に優しそうです。

次回機会があったら、水餃子とカレーラーメンor焼き飯にチャレンジしてみたいな〜。

以上、「三宮「唐子」(中華)で中華家庭料理を食べてきたよ!」でした!

唐子

こちらの記事もよく読まれています

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA