明石朝霧「あづまや」で魅惑の海老カレー丼を実食!

明石「あづまや」でB級グルメを堪能してきたので実食レポです♪

ボリューム、味ともに大満足で、記事を書いているだけで「また再訪したい・・・」という想いが強くなってきてます。笑

おなか減ったな~。

あづまやってどんなお店?

兵庫県は明石市、朝霧にある「あづまや」さんです。

JR朝霧駅から徒歩10~15分程度の、住宅街の中にあります。

(ちなみに、朝霧駅は舞子⇔明石の間にあり、快速電車は通過してしまうので注意が必要です)

お店の前の陳列ケースには食品サンプルがおいて置いてありますが・・・。

空っぽのお茶碗、値札やメニュー名はなく、ただ置いてあるサンプル、なかなか味のある風景です。

「本当にやってるの?」とかなり不安になる店構えですが、のれんはしっかり出ています。

屋号の表示はなく、端的に「うどん」と記されています。

お店のドアは引き戸です。

擦りガラス越しに物置棚が見えたりして、やっぱり「本当にやってるの?」と不安になりますが、勇気を出して引き戸をガラガラと開けましょう。

中には、相席必至の4人掛けテーブル席4席があなたを待っています。

店内には、テレビが置かれ、お店の前の様子が映し出されています。

何人並んでいるかテレビを見れば分かる仕組みですね。

お品書きは壁に貼られています。

天丼は「あまり美味しくありません」と書かれていますが、噂によるとかなり美味しいらしい・・・。

スタッフさんは、家族経営でしょうか、お姉さん、おばあちゃん、お兄ちゃん、色々な年代の方がいらっしゃいます。

あづまやの人気メニュー、「海老カレー丼」

おそらく一番人気であろう「海老カレー丼 冷やしそば付き」(1,150円)をオーダーしました。

丼のサイズは直径20㎝はあろうかという大き目サイズです。

うまく写真に納まりませんでしたが、エビフライもかなり大きく、長さ20㎝ほどはあります。

よくある衣でかさ増ししているタイプではなく、衣はかなり薄めです。

海老自体のフィジカルポテンシャルも高く、かなり太いです。

あなたが成人男性だったら、親指の第一関節を見てみてください。それくらいの太さは軽くあります。

ルーはどろどろもったりの甘め、と見せかけておいて後から辛さが追いかけてきます。

といっても、ベースは甘めなので、お子様でも大丈夫な辛さです。ピリ辛レベルかな?

お箸でいただくことがレベルの、どろどろ感です。

具としては、とろとろに溶けた玉ねぎに平たい豚肉。

これ、カレーうどんで食べても絶対うまいタイプのカレーです。

卵をくずすと、濃厚なカレーがまた濃厚な味わいになります。

これはちょっとカレーうどん目的で再訪問してみたいなあ。

また、サイドメニューの冷やしそばもしっかり美味しくて驚きました。

脇役だからと置きにいかない姿勢。

意外やそばの風味がしっかりしています。

カレーを食べるとどうしてもそばの香りが負けてしまうので、できれば早めにすすっておくと十分堪能できます。

それにしてもアツアツのカレーに冷たいおそば、ナイスコンビネーションです。

カレーの力でどんどん食べ進められますが、お店を出たら胃袋にドシンときました。

たくさん食べたい方にもおススメです。

店舗情報(あづまや)

営業時間:11:30~15:00(LO)
定休日:火曜日(祝日の場合営業)・不定休でたまに休みあり
電話番号:078-911-0987
住所:兵庫県明石市朝霧南町4-1-66

 

B級グルメもいいですが、せっかくの明石市だったら明石焼きも楽しみたいですよね♪
近隣のお店では、お隣の明石駅の「たこ磯」さんがメチャウマでおすすめです!

[blogcard url=”https://suzushige.net/takoiso″]

以上、「明石朝霧「あづまや」で魅惑の海老カレー丼を実食!」でした!

あづまや

こちらの記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA