【4月/淡路島アジング釣れてます〜】好反応ワームとグッドな根魚編

前回のアジングが絶好調だったので、二匹目のドジョウならぬ二群目のアジを狙ってエントリーしてきました。

サイトフィッシングでアジの様子を色々観察できたのでそのレポです。

アジングで一番反応のいいワームはどれ?

夕暮れ時、漁港でライズがはじまりました。

海面に目を落とすと、アジが目視で確認できます。

よっしゃ!いる!といくつかのワームを投げ分けてみました。

ワームごとのアジの反応も、目視できるから勉強になります。サイトフィッシング、いいですよね。

オフト スクリューテールグラブ(パールホワイト)

まずは手始め。個人的に1番打者、オフトのスクリューテールグラブです。
メバル弾丸1g×オフトのスクリューテールグラブ(グローホワイト)

前回と同じXXXパターンであれば、これで爆釣するはず。

が、数投するもアタリすらなし。

海中を見ると、一応アジは追ってきますが見切られてます。

今回は、これじゃない。

エコギア グラスミノーSS(パールホワイト)

つづいて、ちょっと変化球ということでエコギアのグラスミノーです。

魚食性が高いアジだったら、シャッドテールの波動が誘ってくれるかな?と思いましたが、アタリなし。

海中を見ると、追ってすらきません。

波動が大きすぎるんですかね。とりあえず、これでもない。

ただ、ちょっと悔しいのでワインドさせて無理くり1尾引っこ抜いてみました。
アジング201605

フッキングしていたというより、くわえていただけのようで、抜き上げ後すぐに地面に落下しました。

サイズは17cmといったところでしょうか。やっぱり20cmは欲しいですね。

無理にグラスミノーにこだわる必要もないので、次のワームにチェンジです。

ジャッカル アジ節ロング3inch(チャートグロー、ノレソレネオン)

今回の本命打者、アジ節ロングです。

遠投して、ただ巻き。コツッコツッと当たってきます。

我慢してとろとろリトリーブを続けると、竿先がググーッと持っていかれました。

ジャッカルのアジ節ロングとアジとガーグリップ
いいサイズ。しかも、ガッツリフッキングしてます。今回のアタリはコレですね。

カラーをソリッド系からクリア系に変えてもしっかりヒットします。

ジャッカルのアジ節ロング

出典:アジ節ロング3” SQ|JACKALL

長くゆらゆら動くアクションが良い誘いになっているようです。

この日はロングワームに良いサイズがしっかりフッキングしてくれる日でした。

数日前にイカナゴパターンで大爆釣したので、今回のメインベイトもイカナゴの可能性大です。

イカナゴパターンが大ハマりした日の記事はコチラからどうぞ。
【4月】淡路島アジング絶好調!ワーム選びとヒット率の濃厚な関係

驚異のXXXパターン開始!アジは釣りすぎたので底を狙うと・・・

日もとっぷり暮れ、アタリが少なくなってきたのでポイント移動。

前回XXXパターンで釣り堀状態になっていたポイントに行ってみると・・・また釣り堀状態になっていました笑

しかし、前回は嫌というほどアジを釣ったので、今回はボトムを狙うことに。

抱卵したチヌなんか釣れないかな~と思っていると・・・
タケノコメバルがヒットしました。漁港にしてはグッドサイズ。23cmといったところでしょうか。

腹パンの個体だったのでリリースしましたが、タケノコメバルの産卵期って1~2月くらいじゃなかったっけ?
最近は婚姻色のアイナメが釣れたという話も聞くので、意外とこの時期が産卵前なのかもしれませんね。

ちょっとロックフィッシュ界隈を専門にやってみても面白そうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA