四国徳島のおすすめ!人気の海鮮ランチをびんび家で実食!

本日は足を伸ばして、四国は徳島鳴門の名店、びんび屋へランチに行ってきました。

びんび家といえば食べログの鳴門×魚介・海鮮料理ランキング1位のお店。

びんび家といえばハマチのお刺身とワカメのみそ汁。

楽しみです。

が、予想外のダークホースメニューが現れることに・・・。

鳴門のびんび家は突然に

お店は海と山の一本道をドライブしていると突然現れます。

びんび家の看板

お店はドライブインのような立派な店構え。

駐車場もお店の横にあり、わかりやすいです。

お店の入り口横には、生け簀があります。

ドーナツ型の生け簀には、ハマチが泳いでいました。

びんび家の生け簀で泳ぐハマチ

ぐるぐる回遊しています。

こちらは普通の生け簀。マダイが泳いでいました。

びんび家の生け簀で泳ぐマダイ

びんび家店内に入ると・・・

平日11時頃にお店につきましたが、駐車場はすでに結構埋まっています。

お席のほうは、4割程度の入りで、今回はお座敷に座ることができました。

子ども連れだと、お座敷はありがたいですね。

接客は漁師風というか阿波女風というか・・・語気が荒いので、苦手な方は苦手かもしれません笑。

個人的には、回転が早くなるのでいいんちゃうかなとも思います。

「お客さん<お店」という構図のお店は、二郎系のラーメン屋が有名ですが、美味しい名物料理を出す学生街の定食屋とかでもあるあるですね。

なんにせよ、美味いものを食わせてもらっているんだしええんちゃうかなという感じです。

早速出てきたのは・・・

これです。

びんび家のやかんとお茶

お茶です(笑)。

やかんで出てきます。アツアツですのでご注意ください。

びんび家の人気メニュー!お目当てハマチの刺身定食を実食!

これこれ。お目当て、ハマチの刺身定食(1,000円)です。

びんび家のハマチ刺身定食

見てください。厚切りのハマチが7切れ。

肉厚で、食感はぷるぷる×こりこり。

お味は超絶ジューシー。脂が乗りまくりで、サーモンのようです。

絶賛されているだけあります。これで1,000円は、確かにコスパかなり高い部類に入ると思います

(コスパ最強の海鮮ランチは東京・新宿の鷹マル水産とは思いますが・・・)

で、定食に漏れなくついてくるのがコチラ。

びんび家のわかめ味噌汁

ワカメの味噌汁です。

こちらもワカメ自体の味が非常に濃く、食べ応えがあります。

うっすら脂が浮いていますが、魚のアラで出汁が取られています。美味しいわけですね。

びんび家の裏オススメメニュー「煮付け定食」

そして、今回一番のダークホース。目玉が飛び出たのがコチラ。

びんび家のマダイの煮付け定食

煮付け定食(1,500円)です。こちらもご飯とワカメの味噌汁がついてきます。今回はマダイの煮付けでした。

もう、これがすごい。うまい。いまだかつてこんなに美味い鯛の煮付けを食べたことがあっただろうか(いや、ない)。

なにがすごいって、うまみのダブルスタンダード。二重構造。

関西系の煮付けだけあって、基本は淡泊で上品な薄味なんですが、唐突に現れアクセントとなるのが濃厚で食べ応えのあるワタです。こんなワタ初めて食べました。

びんび家のマダイの煮付け定食
見てください。ぷるぷる。最初、焼肉屋のホルモンかと思いました。お味もホルモンに負けず、腸(超)ジューシー。なにこれ。感動した。というレベルです。

お汁も美味しく、ごはんにかけて食べたいな~、という感じです。

びんび屋の混雑具合は・・・

おなかいっぱいになった11:45頃、お店の前には2~3人が席を空くのを待っていました。

平日でこの混みようですので、休日はお昼時の時間を少しずらして入店したほうが待たずに良さそうですね。

孤独のグルメ的観察

孤独のグルメよろしく、周りのオーダーを見ていると、「何らかの定食+おまかせ天ぷら盛り合わせ」という組み合わせがよく出ていました。

「おまかせ天ぷら盛り合わせ」なんてお品書きあったかな・・・。ひょっとしたら、壁に貼られた短冊に書いてあったのを見逃していたのかもしれません。

次回、挑戦してみたいと思います!

店舗情報(びんび屋)

営業時間:9:00~21:00
定休日: 無休
電話番号:088-682-0023
住所:徳島県鳴門市北灘町粟田ハシカ谷20-2

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA