徳島でラーメン「まる虎(こ)」に行ってきた!

徳島まるこの中華そば(大)

徳島のラーメン「まる虎(こ)」に行ってきたのでその実食レポです。

徳島のラーメンではありますが、徳島ラーメンにあらず。

甘じょっぱい豚バラ肉の徳島ラーメンも好きですが、まるこの中華そばも美味しかった!

徳島の中華そば「まる虎(こ)」ってどんなお店?

徳島は文化の森駅から徒歩数分、田園地帯に突如あらわれるラーメン屋。

徳島まるこの外観

中華そば「まる虎(こ)」です。

もう「まるこ」って呼びます。

猪虎系列のお店・・・らしいけど、猪虎をまず知りません。

車はお店の前に停められます。

中華そばまるこの店内

店内はテーブル席と・・・

徳島まるこの店内

お座敷。

徳島まるこの店内

やったー!お座敷なら子連れでも安心だ!

キッズチェアや子供用カトラリも貸していただけました。

ちなみに、テーブル席は4人掛けが2卓、座敷は4人掛けが2卓に2人掛けが1卓。

カウンター席は6席。

ぎゅうぎゅうに入って、25人入れるかどうか、というキャパの店内です。

この日は土曜日11時過ぎ、開店直後の入店でしたが、すでに5人の先客がいらっしゃいました。

こりゃ美味しいお店なのでは?と期待が膨らみます。

中華そば「まるこ」のメニュー

メニューはめっちゃシンプル!潔い!

徳島まるこのメニュー

餃子をおかないラーメン屋って、なんか渋くてカッコイイです。

ライスをめしと表記するのも男気を感じちゃうぞ。

徳島まるこのメニュー

平日はチャーハンorチャーシュー丼のセットがあるとのこと。

今回は中華そば(大)とめし(大)をオーダーしました。

「まるこ」の中華そば、実食!

どでん。こちらが中華そば(大)(650円)です。

徳島まるこの中華そば(大)

一口目に口にしたスープは、こっくりしているものの後味はあっさり。

とんこつ醤油系ですが、ややとろみがあるのは野菜系スープでしょうか。

写真を撮り損ねてしまいましたが、合わせてオーダーした白めし(ライス)に最高にあうスープです。

というか固めに炊き上げられた白めしは、このスープのために最適化されて炊き上げられたかのようなマリアージュ。

お見事です。

徳島まるこの中華そば(大)

麺は中太ストレートで、スープによく絡みます。

麺自体は固めでオーダーしたものの、あっという間に柔らかめに。

コシはあまりないタイプなのかも。

とんこつ醤油ベースですが、ネギであっさりとした方向へ転換したり、シャキシャキ食感のメンマがアクセントになったりと食べ飽きないです。

▼▼▼

麺は個人的嗜好としてはもうちょっとですが、このスープと白めしを胃の中へ掻き込むだけで得られる幸福感は圧巻。

お値段も安いし、子連れでも行きやすいし、機会があれば再訪したいお店でした。

以上、「徳島でラーメン「まる虎(こ)」中華そば実食レポ!」でした!

まる虎(こ)

こちらの記事もよく読まれています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA