今シーズン最大サイズ!淡路島チヌトップ釣行記!

2度あることは3度ある・・・ということで、前回記事の続き。

ランガン後の3枚目のチヌトップゲーム実釣レポです。

朝方のホゲ&チヌ連発で、潮位と場所の傾向が掴めた

写真のような砂の細かいサーフは反応が悪い(0バイト)。

一方で、砂利浜のサーフでは非常に好反応だった(2バイト2ヒット)。

反応が良かった潮位は100cm前後。

このことから、「潮位100cm前後の砂利浜サーフにヤル気のあるチヌがいる可能性が高い」と判断しました。

淡路島は南側と北側で潮位が逆転するので、早速大きく場所を変えてランガン。

砂利浜の小場所にエントリーしました。

ベイトボール発見

移動してすぐ、ベイトボール発見。

水面をモジモジしているので、何か付いてないかな?とスウィングウォブラーでチェック。

ポジポジポジ〜と海面をくねらせるも、無反応。

非常に色気のあるベイトボールでしたが、ここはグッと我慢して近場にいるであろうチヌにアプローチを続けます。

ランガンの目論見大当たり!3枚目にして最大サイズゲット!

今回のチョイスも前回と同じくジャクソンのR.A.POP。

前回と同じく1秒ポッピング1秒ステイで探っていきます。

2度あることは3度あると信じて・・・

(ちなみに、前回前回と出ている前回の釣行レポ「淡路島でチヌトップゲーム釣行レポ!水面炸裂連発デイ!」はこちら

小場所の砂利浜なので、ちょっとした場所移動で探り終えちゃいます。

ラスト3投くらいでチェックが終わっちゃうな〜と考え事しつつポッピングさせていると、突如竿先に暴力的な重み!

トルクフルな重みを感じてしっかりフッキング、よく走り回る個体を一気に砂利浜までズリ上げます。

上がってきたのは、立派な体高のチヌ44cmでした。

フッキングは、眉間にリアフックが貫通していたというスレがかりでした。

鳥の様なクチバシが印象的です。

ルアーを回収後チェックしてみると、フロントフックの形が曲げられていました。

おそるべし顎力。

リアフックがフォローに入ってくれて助かりました。

いつか年無しになって現れてくれますように。

その後、色々と打ってみるも

小場所である砂利浜を打ち終わってしまったので、その後は外洋テトラや港内シャローを探ってみたもののどちらも反応なし。

この日、この潮位、砂利浜でポッパーに捕食する個体が多かった、ということかもしれません。

ビーチで連発することがあれば、小磯で連発することもあるチヌトップゲーム。

イワシを追い回している個体は比較的イージーですが、居着きのヤル気スイッチを探すのもまた一興です。

気のない個体を振り向かせる、坊主覚悟の涙ぐましい男たちの汗と涙・・・。

ということで、チヌのトップゲームは9月いっぱい楽しみたいと思います。

相変わらずポッパーはR.A.ポップが好調

僕のスタイルにフィットしているのか、本当に多くのチヌを寄せてくれるのがジャクソンの「R.A.ポップ」。

縄張りを意識した中型〜大型の個体は、1バイトのミスが命取りとなり場を荒らします。

その中でも、スレ掛かりでもしっかり結果を残してくれるのが「R.A.ポップ」。

つくづく、ルアーはスタンド能力に似てるよなあと思わせてくれます。

詳しいインプレ記事はこちら(「チヌトップ最強ルアー!?「R.A.ポップ」実釣インプレ!」)からどうぞ。

以上、「今シーズン最大サイズ!淡路島チヌトップ釣行記!」でした!

こちらの記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA