淡路島でアオリイカエギング!シャローも忘れずチェックでキャッチ!

朝晩の冷え込みが強くなってきました。皆さん、風邪などはひかれていないですか?

今回は強い北風の中、淡路島エギングでアオリイカをキャッチしました。

潮通しの良い堤防でアオリイカの回遊を待つ?それとも・・・?

今回は1時間1本勝負の釣行。

あまり時間がない中でなんとか1パイキャッチしたい状況です。

まずは潮通しの良い堤防先端をチェックしますが、反応なし。

先行者も同様の状況です。

墨跡はいっぱいあるので、実績はあるんでしょうが・・・。

回遊待ちのポイントではあるものの、今回はまだ群れが回ってきていないようです。

群れを待って粘るか、場所を変えてフレッシュな個体を探すか。

どっちにしよう!?

シャローに場所を変えたらアオリイカヒット!

今回は、ショートな時間の中で群れが回ってくる気配(勘)がなかったので、場所を移動することにしました。

次にエントリーしたのは、堤防付け根のテトラ付近。

いわゆる浅場、シャロー帯です。

ランガンするときのエギのシャクリパターン

僕のエギングですが、ランガンする(回遊待ちをしない)場合、同じ場所では2キャストしかしません。

1キャスト目は、シャクリを大きく&多くし、周囲のアオリイカにエギの存在をアピールさせ、イカを寄せます。

2キャスト目はシャクリを小さく&少なくし、寄ってきたイカにエギを抱かせます。焦らす感じですね。

今回のアオリイカキャッチの様子

今回は、1キャスト目(派手派手シャクリの最中)にイカパンチを感じました。

イカがエギに触ったような気配があったので、ラインをフリーにし、「好きに抱いてくれ(エギを)」という雰囲気にします。

しばらく様子を見て、グッと合わせるも反応なし。

2キャスト目は、イカパンチを感じたエリアにキャストし、シャクリは小さく&少なく。

さっきエギに触ったイカに、今度はちゃんと抱いてもらうイメージです。

2シャクリ目で根掛かりのような感触。

グイーンというイカ特有の引き。

プシューッ!という水鉄砲。

上がってきたのは、ちょっと小型のアオリイカでした。

胴寸18cm程度といったところでしょうか。

シャロー(浅場)にいるアオリイカの特徴

個人的に感じているシャローで釣るアオリイカの特徴は次の通りです。

・いればやる気(食い気)のある個体であることが多い

・遊泳力が弱い個体(小さめサイズ)であることが多い

・マズメ時に釣れることが多い

マズメ時に時間がない&なんとか1パイ釣りたい場合、手っ取り早くシャローをいくつか打ってみる、というのも一手だと思います。

 ■本日のHITエギ

安定のエギ王Q LIVE 3.5号でヒットしました。

夜光×虹は夕マズメだけでなく朝マズメ〜日中にも実績があります。

関連記事

  1. 【イカを知り己を知れば】「アオリイカの秘密にせまる」が名著すぎる
  2. おすすめ&人気のイカ絞めピックを比較&買ってみた!
  3. 【随時更新】アオリイカエギング釣果ブログ記事!
  4. 【まとめ】淡路島で秋アオリイカをエギングで狙って気づいたこと【9月月末~11月末】

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA