淡路島「喫茶フラミンゴ」の超ド級高級牛丼(島内最高値!?)

突然ですが、あなたは「3,000円」の牛丼を食べたことがありますか?

「300円」の間違いじゃないかって?

いいえ、「3,000円」です。

ええ、松屋の牛丼約10杯分です。

私は食べました・・・(自白)

ということで、実食レポです!

雲の上のような心持ちでした。

高級淡路島牛丼は喫茶フラミンゴで食べられる!

淡路島は南あわじ市の喫茶店、「フラミンゴ」さんで食べられます。

マスターが元お肉屋?だったのか牛肉に精通されており、喫茶店なのにメニューにロイヤルステーキがあったりします。

GWなのでお昼時を外して13時頃入りましたが、店内はほぼ満席でした。観光客の方が多く・・・というより、地元の方が多かった印象です。

喫茶店なのでハンバーグ定食やナポリタンなど気になるメニューもたくさんありますが・・・

今回は一択!「特選和牛丼」です!

喫茶フラミンゴの高級淡路島牛丼、いざ実食!

こちらが特選和牛丼(3,150円)です!

まず目に飛び込んでくるのは矢内農園の甘い玉ねぎと超肉厚しいたけ&タレの絡んだ白滝、その下には大振り厚切りの淡路牛ヒレ肉が2枚(120g)が隠れています。

甘めの味付けで、タレがしいたけと白滝によく絡んでそれだけでもご飯が進みます。

ご飯は特選ヒノヒカリが使われているとのこと。

緊張してなかなか肉にたどりつけません。すみません。

しいたけと白滝、玉ねぎをかき分けていくとあらわれるのは大振り厚切りのお肉。

お肉はめちゃくちゃ柔らかく、お箸で切れます。中はちょっとレア気味の仕上がり。

それではいただきます!ガブリ!

そして淡路牛ヒレ肉の食感は・・・

なんやこれ・・・フカフカや・・・

ということで、新食感宣言です。「フカフカの肉」。布団ではありません。肉です。牛丼の肉です。

なんというか、ファーストフードの牛丼しか知らない身としてはかなり戸惑いました。

これがファーストクラスの牛丼か。雲の上のような噛み心地。

お味のほうも、めちゃくちゃ厚切りになっているのでタレに持っていかれることなく肉の旨味が十分に堪能できます。

今回は特製牛丼を堪能しましたが、他のメニューも美味しいのでぜひ立ち寄ってみてくださいね。

※個人的にはここのカレーが大好きなので、別記事で取り上げてみたいと思います。そちらも乞うご期待!

店舗情報(喫茶フラミンゴ)

営業時間:8:30~22:00
定休日:不定休(平日で月2回)
電話:0799-42-3356
住所:南あわじ市神代国衙1119-2

場所は国道28号線の路地を少し入ったところにあります。初見ではわかりにくい&入りにくいかもしれません。

以上、「淡路島「喫茶フラミンゴ」の超ド級高級牛丼(島内最高値!?)」でした!

淡路島のおすすめ牛丼情報はコチラ!

  1. 一番安い淡路島牛丼!?喜多野でお得なランチ!(南あわじ市)
  2. 【寿司屋の絶品牛丼!?】淡路島 松葉寿司の牛丼実食レポ!
  3. 【淡路島のごちそうが集結!?】淡路ごちそう館 御食国(洲本市)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA