グルメ

淡路島の自然派ごはん、菜と根(きとね)のランチが変わりました

きとねのランチプレート

2018年10月から。

淡路島の自然派カフェ、菜と根(きとね)のランチメニューが変わったのでご紹介。

ワンプレートに好きなだけ季節のお惣菜を盛り付けられるスタイルです。

旬の野菜が楽しめるカフェというのはなかなかないので、貴重なお店です。

菜と根(きとね)の新メニュー、まんぷく島のお昼ご飯

kitone(きとね)の新メニュー

2018年10月に新たに登場したのが、まんぷく島のお昼ごはん。

ワンプレートにお惣菜を盛り付けていただくスタイルの定食です。

ただ、バイキングではないのでお代わりはできないため注意!

これまでどおり、根菜のカレーもいただけます。

パスタや丼はニューカマーですね。

まんぷく島の昼ごはん、いただいてきました

きとねのランチプレート

まずはレジでお会計を済ませてから、ワンプレートをいただきます。

このプレートに、ホテルビュッフェのように好きなものを好きなように盛る。

きとねのランチプレート

たとえばこう。

kitone(きとね)の定食

またある時はこう。

常に5〜6種類のおかずを好きな分量盛り付けができて、ご飯とお味噌汁はお代わり自由。

きとねのランチプレート(豚の肉団子)

主菜は週ごとに替わり、副菜は季節の旬の素材に応じて替わるようです。

きとねの店内

おやつも季節に応じて。

フルーツが多いようですね。

柿が苦手な僕ですが、雰囲気でペロリといただいてしましました。

身体に優しい素材を、身体に優しいようにいただくことができる貴重なお店です。

ジャンクフードはあまり噛まずに飲み込むほうが美味しく感じますが、菜と根のゴハンは噛めば噛むほどに美味しい。

ちょっと不摂生な生活が続いたかな?というときや、野菜がモリモリ食べたいぞ!というときのランチにとってもオススメです。

女性向けのお店のようですが、意外と男一人でも入れちゃいます(これは僕のメンタルの問題?)

キッズメニューとしてくまさんカレー(850円)もあるので、子連れにもフレンドリーなのかも。

きとねの店内

なにより、ウッド調の店内はほっこりしますね。

以上、「淡路島の自然派ごはん、菜と根(きとね)のランチが変わりました」でした!

体ヨロコブごちそうcafe 菜と根

こちらの淡路島グルメ記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA