【淡路島のごちそうが集結!?】淡路ごちそう館 御食国(洲本市)

淡路島の中心地 洲本のお食事処「御食国」に行ってきたのでそのレポです!

「御食国」ってパッとみて読めますか?僕は読めませんでした・・・。

御食国は「みけつくに」と読みます。

「みけつくに」とは、その昔 京の朝廷に”贄(にえ)”(穀物以外の副食物)を献上したとされるところです。

淡路島の他に、若狭や志摩が該当していたそうです。

どの地域も、京都にほどちかく、”海産物が豊富な地域”ですね。

そんな、ごちそうを京都に献上していた「御食国」を店名に掲げたお店なので、淡路のいわゆる「おいしいどころ」が揃ったメニューが充実していました。

御食国って、どんなお店?

淡路島は洲本のイオン近く、家電のエディオンの横にあります。

レンガ造りの建物で、外観は少しシックです。


のぼりが立っていなければ、一見 食事処ということに気づかないかもしれません。

店内は天井が結構広く、レンガ造りの雰囲気とあいまってビアホールのような印象です。

ただ、店内入り口には大きなサラダバーがあるので、ビアホールとは一線を画しています(あたりまえか)。

どんなメニューがあるの?

淡路島のごちそう、ということで海の幸、山(畑や牧場?)の幸を使ったメニューが多くあります。

海鮮丼や生しらす丼、淡路牛をつかったステーキや牛丼など・・・。

しかし、お値段としてはちょっとお高めです。1,000円以下のメニューを探すほうが難しいです。

いわゆる観光地価格な気がします。

今回は、妻が淡路牛丼(サラダバー付き:2.106円)、僕はあえてのビーフカレー(サラダバー付き:1,382円)をオーダーしました。

ビーフカレーをオーダーした背景は、お察しください。カレーは好きですが。

御食国の淡路牛丼とビーフカレー

こちらが淡路牛丼です。

お重に入っていて、ちょっと高級感がありますね。

お肉は甘辛で柔らかく、確かに美味しかったですが値段相応という感じもありました。

で、意外だったのがこちらのカレー。

ルーとしては酸味が強く、かなりドライで切れ味があります。いわゆる「ジャワカレー以上」のキレ感です。

辛さも結構辛めなので、小さなお子さんはちょっと注意が必要かもしれません。

具材としては、大きく切られたビーフがゴロゴロ入っています。他は溶けてしまっている感じですね。

ただ、ビーフとカレーがあまりマッチされていない気もしました。

カレーのうまみが染み込んだビーフを期待すると、ちょっと期待外れかもしれません。

一方で、サラダバーには淡路島の新玉ねぎのオニオンスライスがあったり、野菜が豊富にあったりと色々楽しめました。

ドレッシングの種類が6種類くらいあったのもうれしかったです。

ちょっとシックな店内で、メニューも豊富なのでご年配の方連れには喜ばれるかもしれませんね。

物産店が併設されているので、ちょっとしたお土産を買っていくこともできます。

店舗情報(淡路ごちそう館 御食国)

営業時間:11:30~14:30/17:00~20:00(物産店10:00~20:00)
定休日:水曜日(水曜日が祝日の場合は通常通り営業)※8月は無休
住所:兵庫県洲本市塩屋1-1-8
電話番号:050-5869-0278

家族連れでの利用なら、店内の広いうどん屋さん「もへいじ」もおススメです♪

[blogcard url=”https://suzushige.net/moheiji″]

以上、「【淡路島のごちそうが集結!?】淡路ごちそう館 御食国(洲本市)」でした!

淡路島のおすすめ牛丼情報はコチラ!

  1. 一番安い淡路島牛丼!?喜多野でお得なランチ!(南あわじ市)
  2. 【一番高い淡路島牛丼!?3,000円の淡路島牛丼実食レポ】喫茶フラミンゴ
  3. 【寿司屋の絶品牛丼!?】淡路島 松葉寿司の牛丼実食レポ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA