【寿司屋の絶品牛丼!?】淡路島 松葉寿司の牛丼実食レポ!

淡路島のランチといえばやっぱり海鮮が人気です。

が、寿司屋で食べる牛丼もなかなか乙なもの!?というかむしろ美味い!?

ということで、淡路島の寿司屋「松葉寿司」の牛丼を堪能してきたので実食レポです!

淡路島の松葉寿司ってどんなお店?

淡路島は南あわじ市、といっても洲本市にほどちかいエリアにあるお店です。

国道28号線沿いにあり、たくさんのぼりも立っているので所見でもわかりやすいお店です。

こじんまりとした寿司屋~、というよりは、マイクロバスで団体さんも入れるような大型店舗です。

結構テレビなどでも取り上げられたり、店内には芸能人のサインがあったりと有名店ですね。

松葉寿司の店内

店内は、カウンターや小上がりの座敷など色々なタイプの座席があります。

お座敷もオッケーなので子連れでもありがたいですね。

団体さんは、おそらく2階席に通されるのでしょう。

松葉寿司の特選淡路島牛丼

生サワラ丼や焼きアナゴ丼なども目玉商品のようですが、今回のお目当ては「特選淡路島牛丼」(1,650円)。

牛丼にしてはかなり割高ですが、過去 同じく淡路島内で一杯3,000円の超高級牛丼を経験した身としてはおそるるに足りません。

こちらが、「特選淡路島牛丼」です。

意外と侮れなかったのが、この赤だしのお味噌汁。

見た目に反して、全然辛くない。

そして、甘みと深みのある、ほっとする味。

美味しいお味噌汁ってこういうお味噌汁を指すのかな~と思いました。赤だしもいいですね。

板麩と紅葉型の練り物も味がしみて美味しかったです。

うっかりお味噌汁に脱線してしまいましたが、気を取り直して牛丼です。

牛肉は一枚一枚が大きく、立派。

脂身も全然くどくなく、ぷるぷる!これが淡路牛の脂身か・・・。

細切りの玉ねぎはさっぱりと、ほのかな甘みも生きております。

玉ねぎによくある「甘いでしょ~ッ!」と前面に出てくる甘みではなく、牛肉の甘みを引き出す甘さ。

このあたりは、調理人の妙といいましょうか。

牛丼はつゆダクで、シャリ飯の半分はつゆに浸っていました。

また、乗せられた卵黄をお箸でそっと溶くとトロッと牛丼全体に広がり、一気にすき焼き感が加速します。

つゆダクのシャリ飯と絡んでなおよし。

値段相応、大満足の一品でした。

上品なお味なので、お年を召した方にも喜ばれそうですね。

店舗情報(松葉寿司)

定休日:年中無休(12/30・31・1/1のみ休み)
営業時間:【土日祝】11:00~20:30(L.O.20:00)【平日】11:00~14:00/17:00~20:30(L.O.20:00)
電話番号:0799-45-1019
住所:兵庫県南あわじ市広田広田528-1

 

淡路島は海鮮丼だけでなく牛丼も美味しいので、ぜひ食べ歩きしてみてください。

以上、「【寿司屋の絶品牛丼!?】淡路島 松葉寿司の牛丼実食レポ!」でした!

淡路島のおすすめ牛丼情報はコチラ!

  1. 一番安い淡路島牛丼!?喜多野でお得なランチ!(南あわじ市)
  2. 【一番高い淡路島牛丼!?3,000円の淡路島牛丼実食レポ】喫茶フラミンゴ
  3. 【淡路島のごちそうが集結!?】淡路ごちそう館 御食国(洲本市)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA