【究極のライトゲーム!?】イワシをルアーで釣ってみた

事の次第は何の変哲もない平日の夕マズメ。

淡路島南エリア、いつものポイントでアジング。

先月4月はイカナゴパターンでアジ爆釣したものの、今月に入ってから渋い状況が続いています。

単に群れが入っていないのか、産卵期に突入して食い気より色気なのか・・・。

若潮の下げ、とあまり良い潮回りではありませんが、とりあえずチャレンジしてみます。

ワームにイワシがアタってくる!

サーチワームとして、ボリュームのあるペケリング3インチを投入。

カウント5でただ巻きすると、グーッ竿先を持っていかれるようなアタリ。

これはアジちゃん、活性が高いか?と、食い込みやすいアジ節ロングにワームチェンジ。

すると、「ビリビリビリ!」と電気が走るようなアタリに変わりました。

この類の電撃アタリは、サバをはじめとする回遊魚に多いのですが、サバだったらきっと食ってくるはず。

さっきから海中をキラキラした魚が追いかけてくるので、これはもしや・・・?と思い、ワームチェンジ。

より短く、より柔らかく、より食い込みやすく、ということでマゴバチをトレースしてくると・・・

コイツがヒットしました。

ビチビチビチと跳ねてます。はい、マイワシですね。

この後はアジングそっちのけでイワシ狙い。

ワーミングだけではなく、ライトワインドやトップウォーターのドッグウォークなど色々やってみますが、のらない。

マナティー38にガンガンチェイスしてくるのが見えるし、時折ですがリッジ35Fにピシャッとアタックしてくるのは超興奮するんだけどな・・・。

そうこうして遊んでいるうちに、日もとっぷり暮れ、完全に時合いは終わった感じでした。

イワシをルアーで釣るには??

イワシの食性としては、海中プランクトンがメインベイトだと思うのでアミパターンのようなスローな釣りがよいのかと思いましたが、結果としてはリアクションに大きく反応してくれました。

そういえば去年もこの時期にワームの連続トゥイッチでイワシを釣ったな・・・と思いつつ。

単発で再現性がなかなかないのが悔しいです。

イワシなんかサビキで十分だわ!と呆れられてしまうかもしれませんが、ルアーで狙うイワシは究極のライトゲームだと思ってます。

検索したら、ブレードベイトでイワシ釣ったって話もちらほら見られますね。ハードルアーでのイワシゲームってなんだかすごく斬新です。やっぱりリアクションなのかなあ。

と、いうわけで、イワシをルアーでこんな風に釣ったよ!というメソッドあったら、教えてください。

当ブログのコメント欄でも、ツイッターでもフェイスブックでも結構です。

腐っても青物、引きはかなり楽しめるからゲーム性はめちゃくちゃ高いと思うんですよね。

以上、「【究極のライトゲーム!?】イワシをルアーで釣ってみた」でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA