淡路島のタチウオは神出鬼没!&カマスも接岸!

一昨日の夜、タチウオが大爆釣していたポイントがありました。

釣り方はテンヤ。

テンヤを引いてくるだけで、入れパク状態です。

ちょうどそのときは釣り道具を持っていなかったので、「いいなあ」「すごいなあ」と見学に徹していました。

しかし、釣れるXXXに見るXXX、同じXXXなら釣らなきゃそんそん!

ということで、柳の下のどじょうを狙って釣行してきたのでそのレポです!

淡路島の漁港にはイワシの大群

時刻は17時半頃。

19時頃から始まるタチウオ祭りに備えて潮通しの良い堤防にエントリーです。

ポイントにつき、しばらくはメタルジグを投げたりメタルマルを投げたりしますが、特にアタリはありません。

18時頃に海面がざわつきはじめ、イワシでしょうか、ベイトが逃げ惑っているのが見えます。

追っているのは、中型のフィッシュイーター。

サバかな?と重い、メタルジグを表層でフォールさせますが、興味は持つものの反応なし。

う~ん、欲しいのはこれじゃないか。

ということで、ルアーチェンジ。

以前デカサバを釣った実績のある、アイアンプレート18g

です。

[blogcard url=”https://suzushige.net/saba-and-tachiuo/″]

アイアンプレートでカマスがヒット!

アイアンプレートにチェンジして表層を引いてくると、追ってくる追ってくる!

ガッツリバイトして、上がってきたのは25cmのカマスでした。

アイアンプレートの強い波動(振動)は、タチウオだけでなくサバやカマスなどのフィッシュイーターの捕食スイッチを確実に入れてくれますね~。

しかし、針を外すのに手間取り・・・、群れを逃してしまい追加のカマスはゲットできずでした。

これからはタチウオの時間帯

時刻は19時。

そろそろタチウオの時間帯です!

表層に攻撃的なタチウオがわきあがってくるはず。

そう信じて、メタフラやアイアンプレート、メタルマルなどを投げ倒しますが反応なし。

あれ?

隣のテンヤ釣り師も、首をかしげています。

さらに奥のワインダ―にも反応なし。

その奥のテンヤ釣り師にも反応なし。

「あかんなあ」「こんなあ」という声が飛び交っています。

まさか・・・。

群れが回ってないのか・・・。

爆発力のある夕マズメの時間帯に、群れが回ってこなかったようです。

一昨日の爆釣劇を見ていただけに、ショックはかなり大きかったです。

一潮ごとに回遊コースが変わるのか、タチウオの神出鬼没さに歯がゆい思いをした1日でした。

(逆に、期待していないときに限ってまさかの爆釣があるから楽しいんですけどね)

以上、「淡路島のタチウオは神出鬼没!&カマスも接岸!」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA