フラップ釣法ミノー版で夏の淡路島の大型タチウオゲット!

淡路島で絶好調なタチウオを狙って釣行してきたのでその実釣レポです!

今回は、小さめ(指2.5〜3本サイズ)の夏タチウオたちではなく、ちょっと大型(指4本サイズ)タチウオを狙ってきましたが・・・思惑どおりでした!

ポイントはガラガラ。だけど・・・!

場所は、前回夏タチウオ(&デカサバ)を釣った場所と同じところにエントリー。

休日の夜だったので、混んでるかな〜と思いましたが、全然空いていました。

金曜や土曜の夜は混むのかな?

それとも人気がない場所なのか・・・。

まあ、空いている分には大歓迎なので気にせず釣り開始です。

遅れてきたタチウオの時合い

前回は19時過ぎからタチウオが浮いてきましたが、今日はちょっと様子が違います。

前回どおりバイブレーションプラグを投げ、着水後3カウントでとろとろリトリーブ。

まったくアタリがありません。

あれ?

表層に浮いてきてないってことは、中層〜ボトム付近に群れてる?

活性が低いのかな?

とあれこれ考え、レンジを変えてトレースするもアタリなし。

おやおや、今日はお留守か・・・と思いつつ、また表層をトレースしているとガツン!ググッ!という強いアタリ!

いたいた〜!と寄せてきたものの、抜き上げ前でがっかり。

F2サイズのペラペラタチウオでした。長さも50cmほど。

リリース前提だったので、写真もブレブレですみません・・・!

今日は小型の数釣りよりも、大型を狙いたい!ということですぐにリリースしました。

バイブレーションのフロントフックに掛かっていたので、浮き上がりバイトだったんでしょうね。

ミノーでF4サイズを狙います

気を取り直して、ルアーをミノーにチェンジし大型サイズを狙います。

大型は表層に浮きにくいと判断し、カウント8〜10程度のレンジまで沈めます。

ルアーアクションは、ルアーの振動を感じる速度で竿先でサビき、出た糸フケをとります。

その繰り返しです。

繰り返していると、ガツッ!という単発のアタリが何度かありましたが、フッキングに至らず。

なかなかフッキングが決まりません。

アタリがあっても合わせず、追い食いを狙います。

ガツッ!というアタリに対して、「こいこいこいこい・・・」と焦らしてルアーを少し動かすと、グググッ!と強い引き!

かかった!

なかなか浮いてこない中、じっくり寄せてきて上がってきたのは指4本サイズ(F4サイズ)のタチウオでした!

やったー!思惑がぴったりハマると嬉しいですね。

リアフックにかかっていたので、追いかけて食ったんでしょうね。

時合いに散々ベイトは食べ尽くしたのか、この後はアタリもなくなったので納竿としました。

フラップ(FLAP)釣法的アクションの応用

今回のヒットアクションは、だんだんと明らかになってきたフラップ(FLAP)釣法の応用的アクションです。

フラップ(FLAP)釣法自体は今夏発売されたこの本に詳しいです。

僕も早速サラッと読んでみましたが・・・。目新しさというよりも、納得感のほうが多くありました。

確かに、こういう釣り方をするとよくアタるよな〜、という。

LEONさんが提唱していた「巻かない釣り」がどんどんメジャーになっていきますね。

前回はメタルバイブで同じような釣り方をしましたが、今回はミノーでやってみたところ、ちゃんと結果が返ってきて良かったです。

フラップ(FLAP)釣法だけでなく、色々な釣り方が乗っているので、興味がある方は読んでみてください。

しかし、多くの釣り人を魅了し一冊の本というかムック(しかも毎年出ている)まで出てしまうタチウオ。

コツッという繊細なアタリからガツンと引ったくるような凶暴なアタリや、爆釣!と思いきや時合いが終わるとピタリと釣れなくなったりとか、振れ幅が大きいのでもうみんな夢中ですね。

よく少女漫画で「不良が雨の中で捨てられた子犬を可愛がるみたい」なギャップ演出シーンがありますが、海のギャングタチウオもそんな不良みたいなもんなのかもしれません。

ツンデレというか。

そして僕ら釣り人は振り回されたがりというか。

少女漫画のヒロインみたいなもんなのかもしれません(違うか)。

今回のヒットルアー

今回のヒットルアーはこちら。すべてハードプラグです。

指2本(F2)サイズはYAMARIA(ヤマリア)のカーボンバイブにヒットしました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA