アジ

【4月/淡路島アジング大爆釣!】活性高すぎてジャンプするアジと効果的なアクションについて

ajing-title

相変わらず、ハマると絶好調の淡路島アジング。

今回も1時間で20cmクラスをツ抜けしました。20尾くらいだったかな?

今回はパターンやアクションで気づいたことがあるので、そのレポです。

アジング釣行のタイミング

大潮×満潮×夕マズメ。

新月⇔満月で月齢は異なりますが、前回の絶好調アジングと似たような条件です。

※前回の記事はコチラ。うまくイカナゴ憑きのスクールを迎え撃つことができました。
【4月】淡路島アジング絶好調!ワーム選びとヒット率の濃厚な関係

驚異のXXXパターン

前回は釣ったアジの胃袋から大量のイカナゴが出てきました。

今回も同じイカナゴパターンを想定して、同じ場所にエントリー。

早速ロングワームでアジを誘おう・・・と思っていたら。

驚異のXXXパターンが始まりました。

このパターンはイカナゴやアミ、バチと比べて場所やタイミングが限定的。

詳細をアップすると、ポイントに人が殺到する可能性が高いため、伏字とさせていただきます。

にしても、XXXを偏食する魚たちで海はまるで釣り堀状態。1時間で爆釣しました。

アジだけでなく、チヌやボラも集まってきています。2回ラインブレイクされてしまいました。

噂には聞いていましたが、こんなこと起こるんですね。

活性が高すぎてジャンプするアジ

海面ではアジがライズしまくっていますが、海中からピックアップしたワームを追ってトビウオのようにジャンプまでする始末。めちゃんこ高活性です。

海面まで追ってきています。キラリと反転する姿が確認できました。

アジングで効果的なアクションとは?

一般的に、アジングでは「ただ巻き」と「リフト&フォール」が有効といわれています。

特にリフト&フォールについては、フォールが重要視されており、

・ただ巻きで食わない場合はフォールで誘う
・アクション後のフォールで食わせるタイミングを演出する

というのが定説になっています。雑誌などでも、メソッドとしてよく紹介されていますね。

しかし、今回のXXXパターンのように魚食性が高いアジは、リフト(縦の垂直方向)の動きに非常によく反応します。

バーチカル(垂直)な釣りと表現されたりもしますが、ボトムまで落としたルアーを巻き上げてくるだけでアタリが連発しました。

なぜ上への動きに好反応なのか?

シーバスでも青物でもそうですが、フィッシュイーターは「面」という概念を非常に意識しています。

なぜなら獲物を追いつめやすいから。

ボトム、表層、ストラクチャーまわり、どれも獲物を追いつめるための「面」というわけです。

今回のアジたちがリフトの動きに狂ったように反応したのも、獲物を海面に追いつめる本能が刺激されたためと考えられます。
先ほどの動画でも、リフトさせるとアジがガンガン追いかけてきました。水面に追いつめている、んでしょうね。

今回のヒットルアー

今回、よく釣れたルアーセッティングはコチラ。
メバル弾丸1g×オフトのスクリューテールグラブ(グローホワイト)

オフトのスクリューテールグラブ(グローホワイト)を短くちぎり、メバル弾丸にセットしています。

強風だったのでやむなく1gを使いましたが、ショートバイトには0.4gぐらいが食いが良いです。

今後の展望

今回はソリッドカラーのショートワームにアタリが連発しましたが、アジの食性が変わるとアタリやすいワームも変わってきます。

しばらくはイカナゴパターンも合わせて続くと思います。水温的に6月くらいまではイケそうです。

詳しく書いた記事がありますので、よかったらコチラもどうぞ。
【4月】淡路島アジング絶好調!ワーム選びとヒット率の濃厚な関係

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA