初心者必見!持ってると便利な海釣りの道具をまとめたよ

海釣りをやっていて「なくてもなんとかなったけど、持ってるとめちゃくちゃ捗る〜」と思ったフィッシングギアをまとめてみました!

釣った魚をキャッチ!「フィッシュグリップ」(魚つかみ)

なにはなくとも、フィッシュグリップ。

釣った魚のフックをスムーズに外したり、危険な魚を安全にリリースしたり、手返しよく釣って数を稼いだり、いろんなシーンで活躍します。

個人的に、アジやタチウオといった扁平な魚にはガーグリップを愛用しています。

参考:ガーグリップをインプレ!小物〜大物対応のフィッシュグリップ!

シーバスやチヌ、青物などの大型魚にはドレスのデリンジャータフを使ってます。

デリンジャータフは軽量でリーズナブルで頑丈と、三拍子揃って結構気に入っています。

参考:デリンジャータフをインプレ!万能フィッシュグリップ決定!

外す、つまむ、切る、マルチに使える「フィッシングプライヤー」

針を外す、魚を掴む、ラインを切る、マルチに使えるのがフィッシングプライヤー(フィッシングペンチ)です。

重量・サイズ・機能など色々ありますが、個人的に各社の製品を比べた結果、カハラ社のフ6インチを愛用しています。

参考:釣り用フィッシングプライヤー徹底比較!おすすめはコレ!

夜光タイプのルアーを投げるなら!「蓄光ライトマーカー」

夜光タイプのルアーは蓄光ライトでUV光線を当てると、激しく輝きます(写真グリーン部分)。

夜釣りで夜光タイプのルアーを投げるときは、蓄光ライトを使うとノーマルライトの数倍早く蓄光できるので短い時合いの際にもオススメです。

どんなタイプでも良いとは思いますが、個人的にはキーホルダー付きのタイプがお気に入りです。

キンキンのフックでバラシ激減!「フックシャープナー」

アタるけど乗らない、掛けたけどバレる、そんなときは針先が鈍っていることが多いです。

鈍った針先はフック交換が一番確実ですが、時合い中のフィールドではフックシャープナーで簡単に研ぐだけでキャッチ率がアップすることも!

ダイヤモンド面とセラミック面の2面研ぎができ、キーホルダー付きのスミス社のシャープナーがおススメです。

不意な大物にも対応!「ランディングネット&ポール」

シーバスや青物など、足場の悪いところで確実にキャッチするにはランディングネット&ポールが必須!

足元でのバラしほど悔しいことはありませんからね・・・。

個人的には、ランディングネットは年に数回しか活躍しないのでコスパを考えてメジャクラのヘキサネット×タカ産業のコンパスシャフトをチョイスしています。

参考:おすすめはどれ?ランディングシャフト(玉網の柄)比較!

以上、「初心者必見!持ってると便利な海釣りの道具をまとめたよ」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA