福良湾花火大会2018レポ!穴場スポットや混雑時間も!

福良湾会場花火大会に行ってきたのでその突撃レポです!

花火もそこそこにあちこち歩き回り、おすすめスポットや混雑時間がわかりました!

南あわじ市市民祭り「福良湾海上花火大会2018」

毎年お盆の時期に行われる「福良湾海上花火大会」。

2018年は8月14日(火)20時から実施されました。

目玉はなんといっても、兵庫県下最大の2尺玉!

他にも海面に反射する光を活かしたスターマインなど、粋な演出が盛りだくさんでした。

福良湾の地図はこちら。

神戸からは約80分、大阪梅田からは約120分の立地です。

福良湾海上花火大会の駐車場

駐車場は全部で3つ(福良小学校、南淡中学校、文化体育館)です。

花火を純粋に楽しみたいなら福良小学校、屋台食べ歩きやお祭りの雰囲気を楽しみたいなら南淡中学校や文化体育館がオススメです。

1.福良小学校駐車場

福良小学校駐車場から、花火が見られる福良漁港までは歩いて約10分。

雰囲気のある町中を通って、福良漁港を目指します。

漁港は広々としており、開始30分前(19時半頃)でも場所取りは余裕です。

外側の大堤防では、まさに「眼前」の花火を楽しむことができます。

ただ、外側の大堤防は防波堤の高さがあるので、お子さん連れにはちょっと不向き。

小さい子連れの場合は、内側の堤防での観覧がよいでしょう。

明かりもあって安全ですが、やはり夜の海辺。

落水には十分注意しましょうね。

2.南淡中学校駐車場、3.文化体育館駐車場

南淡中学校駐車場と文化体育館駐車場からは、会場まで無料のシャトルバスがそれぞれ運行します。

道路の交通事情にもよりますが、会場までスムーズに動けば5分もかかりません。

シャトルバスは午後5時から運行がスタートします。

会場である道の駅福良(なないろ館)前にはたくさんの屋台が並ぶので、花火の前に腹ごしらえも良いでしょう。

会場なのでトイレもありますが、こちらは激混み必至なのでお早めに。

ちなみに、このトイレ裏は「スターマイン」の絶好鑑賞スポットでもあります。

福良湾海上花火大会の穴場はやっぱり福良漁港!

会場周辺(道の駅福良前)と違って、のびのびと花火を楽しむことができます。

開始30分前(19時半頃)でもグループで十分場所取りすることができます。

レジャーシートやゴザなどの敷物や、折りたたみ椅子があるとより良いですね。

腰掛けられる堤防側は結構人気で早めに埋まっちゃいます。

また、浜風が気持ち良く抜けていくので、爽やかです。

また、花火との距離がめちゃくちゃ近いので迫力も満点!

難点としてはトイレや飲食ブースがほぼないこと。

夕食については、コンビニなどで何か買って持ち込んだほうが良さそうです。

福良湾会場花火大会の混雑時間は?

会場前(道の駅福良前)は、19時過ぎにはもう人混みで大賑わい。

開始10分前には、道路にも人がぎっしりです。

福良漁港は、開始15分くらい前までどこかしら空いています。

花火は20時半過ぎには終わるので、帰りの混雑ピークは20時半〜21時半頃です。

以上、「福良湾花火大会2018レポ!穴場スポットや混雑時間も!」でした!

隣町洲本の花火大会も風情があってオススメです。

関連記事:穴場!?淡路島まつり花火大会(洲本市)を洲本城から見てきたよ

淡路島のおすすめスポット情報はコチラ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA