神戸南京町「ぎょうざ苑」で香ばし焼き餃子堪能レポ!

一番好きな食べ物は何かと問われれば・・・

幼少期はピザやうな重と答えてきました。

しかし、ここ10年は「餃子」かもしれません。

餃子と黄金麦酒との蜜月に開眼。

そんな餃子フリークが神戸南京町の「ぎょうざ苑」で焼き餃子をいただいてきたのでその実食レポです!

神戸南京町の「ぎょうざ苑」

天気はあいにくの曇りですが、舞台は神戸のリトルチャイナこと中華街の南京町。

このゴチャ感のあるワンダーランド的な一角に「ぎょうざ苑」はあります。

大通りに面しているので、初見でも見つけやすいお店でした。

早速入ってみましょう。

ぎょうざ苑の店内

店内はテーブル席が多く広いです。

カウンターが4席くらいかな。

カウンターからは、ぎょうざの皮を作って手包みしているのが見えます。

あの幅広い麺がにゅ〜んと出てきて、カットされて餃子の皮になっているようで。

見ていて飽きません。

お店は満州からの引き上げで創業され、皮は手打ちうどんの麺を作る応用で作られているそうです。

ぎょうざ苑のメニュー

メニューはこちら。

餃子は焼き、水、揚げ、スープと豊富なラインナップ。

ニンニクレス餃子なのでお好みでトッピングさせるスタイルです。

平日の12時過ぎの訪問でしたが、結構ジャジャ麺が出ていてこちらも美味しそうでした。

ぎょうざ苑の焼き餃子、実食!

じゃん。こちらがぎょうざ苑の焼き餃子(430円)です。

ちょっと大きめの餃子はピーナッツ油で焼かれており、非常に香ばしいです。

モチモチ系かと思わせき、意外やサクッと見た目より軽い皮。

ピーナッツ油の香ばしさとコクが活きています。

ちょこっと腹持ちも良さそうな、いい塩梅。

味噌ダレ発祥の店?ということで、やっぱり黄金味噌だれでいただきます。

味噌だれに醤油、お酢、ニンニクに一味を絡めて。

お好みで好みの味に仕上げる感覚、とっても好きです。

▼▼▼

店内は広く明るく、入りやすい雰囲気。

子連れでも美味しくいただけそうですね。

以上、「神戸南京町「ぎょうざ苑」で香ばし焼き餃子堪能レポ!」でした!

ぎょうざ苑

こちらの記事もよく読まれています

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA