淡路島「星の果樹園」カフェで絶品いちごケーキとかき氷を!

淡路島は洲本にある、「星の果樹園」カフェでお茶してきたのでその実食レポです。

フルーツ農園がオーナーのカフェということもあり、めちゃウマ贅沢気分でした。

たびたびは通えないけど、また行きたいな〜。

淡路島「星の果樹園」カフェ

洲本市の町はずれにあります。

パッと見は、何屋さんかわかりません。

ちょっと近づいてみると・・・お花屋さんに見えます。

がっつり近づいてみると、わかります。

あ、ケーキ屋さんかな?と。

お店の前の駐車場看板はこんな感じ。

看板のほうが、「あ、カフェだ!」ってわかりますね。

コンフィチュールスタジオは・・・ほとんどのメンズにとって謎なんじゃないでしょうか。

淡路島「星の果樹園」カフェの店内

基本はケーキ屋さんということで、ショーケースから先に注文を済ませてお支払い。

店内には8席ほどのイートインスペースがあり、その場で買ったケーキでお茶することもできちゃいます。

農カフェがコンセプトなようで、ドライフラワーなどカントリー調な店内は結構かわいいです。

淡路島「星の果樹園」カフェの絶品ケーキたち

こちらは「星苺のミルフィーユ」(470円)。

固めでしっかりしたパリパリのミルフィーユ生地が、濃厚なカスタードクリームと爽やかなホイップクリームをサンドイッチ。

口の中にじゅわりと流れ出すのは、爽やかでみずみずしいいちごの果汁。

上品な甘みで全くくどくなく、こりゃ美味しい!

ショートケーキは2種類あり、こちらは「いちご畑のショートケーキ」(500円)。

たっぷりのいちごが、しっとりスポンジと爽やかホイップクリームの上や隙間にこれでもかとポジショニングしています。

いちごのみずみずしさと爽やかさが際立ち、こちらも上品なテイスト。

う〜ん、美味しいなこれは・・・。

ホットコーヒー(350円)もケーキの邪魔をしない、酸味のある仕上がりでした。

ホットティー(350円)はティーポッドから自分で注ぐスタイル。

ティーポッドでのサーブは、きちんと感があって好きです。

淡路島「星の果樹園」カフェのかき氷とミルクソフト

ゴールデンウィーク後あたりから出てくるのが、かき氷系ラインナップ!

6月中旬の訪問では、「星苺」「鳴門」「茶ノ香」の3種類が出ていました。

じゃん。こちらが「星苺」(800円)です。

いちごの旬の時期は少しすぎていますが、メインとなるのはいちごのコンフィチュール。

シロップではないためビジュアル的な彩度は低いものの、甘みの彩度は強めです。

コンフィチュールの甘みはさっぱりしているため、練乳との相性もバッチリです。

パフェっぽいルックスでいただけるのが、ミルクソフト。

こちらはキャラメルナッツソフト(580円)です。

濃厚な淡路島ミルクソフトにキャラメルソース。

くるみとバナナがよく合います。

ちょっと豪華なミルクソフトでした。

もちろんテイクアウトもできます。

▼▼▼

すっごい美味しいんですが、ちょっとお高めのケーキたち。

こりゃご褒美スイーツ枠、頂き物だったらめちゃくちゃ嬉しい系のジャンルですね。

こういうケーキを、値段気にせず買えるくらいの甲斐性を手に入れるべく日々頑張ります。

以上、「淡路島「星の果樹園」カフェで絶品いちごケーキとかき氷を!」でした!

こちらの記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA