シーバス

雨上がりの夜明け、淡路島を鬼のランガンでシーバスキャッチ!

tklm90spで釣ったシーバス43cm(2020.1)

雨上がりの夜明けにシーバスゲーム!

潮もいい感じだし連発するかも?と淡い期待を抱いてエントリーしたものの大苦戦!

怪しいポイントをランガンして、ようやく一本…あれ?この展開前々回と一緒?な実釣レポです!

事件は現場で起きている。潮が動かない。

ポイント1ヶ所目は、本流とブレイクがぶつかるピン。

干潮からの上げ始めを狙ってエントリーしたものの、あれ?潮が動いていない…。

流れが全然効いていない状況。

レーンが壊れて回らなくなった回転寿司にお客さんが入らないように、潮が動かず流れのないポイントにシーバスは集まりません。

前回1時間で4本抜いた実績ポイントではあるものの、数投で見切りをつけランガンスタートです。

シーバスの家(らしきところ)を一軒一軒訪ねて

お昼時に混み合う回転寿司のようなシーバス密集するポイントは今日はないだろう…ということで、シーバスが溜まるというよりも付いていそうなポイントを一つ一つ回ることに。

2ヶ所目…明暗を探る。反応なし。おらんな。

3ヶ所目…別のブレイクを探る。反応なし。流れが効いてないし、おらんな。

4ヶ所目…さらに別のブレイクを探る。流れが効いてないし、ここもおらんな…。

とルアーをピックアップしようとしたそのとき、足元で丸見え反転バイト!

おった〜!!

tklm90spで釣ったシーバス43cm(2020.1)

43cm、前回の群れとはやっぱり違う個体のようです。

居着きタイプのシーバスかな?とも思いましたが、思ったよりボディは銀ピカで綺麗。回遊タイプかな?

tklm90spで釣ったシーバス43cm(2020.1)

ヒットルアーは安定のtklm90sp。

名作シーバスルアーTKLM90シリーズ徹底インプレ!初心者でも釣れる!

1月下旬、この時期はあまりシーバスにのめり込んだことはありませんが、まだサブサーフェスに出ますね。

釣りの帰りに、片手にゴミを

ゴミ拾い清掃活動(fishonehand)

1時間で4ヶ所ランガンし、少しくたびれたので帰ることに。

片手で拾える分のゴミをピックアップして帰路につきました。

釣り場のゴミ拾いペットボトル#fishonehand
釣りの帰りは、片手にゴミを。#fishonehand#fishonehand ORETSURIさんとこで提唱されている概念です。 素敵だな〜と思ったのでシェアさせていただきます...

今回は直前まで雨が降っていたので、活性上がっているかな?とも思いましたが、苦戦しました。

やはりエサを回転寿司のように運ぶ流れが効いていないと、好ポイントでも集まりにくいようです。

潮位表をしっかり確認してからの釣行でしたが、自然相手なので現場は予想に反して流れが死んでいました。

こういうときは1ヶ所に固執せず、めぼしいポイントをドンドン撃ったほうが効率的かもしれませんね。

以上、「雨上がりの夜明け、淡路島を鬼のランガンでシーバスキャッチ!」でした!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です