初心者用ショアジギロッドにおすすめな1本を本気で考えた

ムーチョルチア35g(夜光)で釣ったハマチ52cm1400gとドレスのデリンジャータフ

これまでシーバスロッドで青物を釣っていましたが、改めてショアジギングロッドが欲しいな〜と思い。

これまで28g〜40g程度のメタルジグやプラグを使っていたものの、よりウェイトがあり遠投できるルアーを投げてみたいな〜と思い。

ショアジギング初心者でも使いやすいショアジギロッドを検討するべく、自分にとっておすすめの1本を検討してみました!

初心者用ショアジギングロッドに求めるもの①:安さ

入門ロッドは安いのが一番!

最初から「高感度」「超軽量」「ハイエンドリング搭載」など高機能モデルを持っても豚に真珠。

使っているうちにあれこれ不満が出てくるかもですが、求めたい機能があれば買い替えすればいいわけですしね。

そもそも、そのジャンルにハマるかどうかもわかりませんし。

と、いうことで予算としてはアンダー2万円!

この価格帯のロッドをディグっていきます!

 

初心者用ショアジギングロッドに求めるもの②:60gのメタルジグを気持ちよく投げられること

これまでシーバスロッドで青物を釣っていたメタルジグ。

ガン吉30gとシオ(カンパチ)28cm

闘魂ジグ30gで釣ったシオ25cm(2017.8)

ムーチョルチア35g(夜光)で釣ったハマチ52cm1400g

ガン吉や闘魂ジグ、ムーチョルチアの28g〜35gクラス。

実績のあるメタルジグですが、このラインナップの最大ウェイトは60g。

「60gのメタルジグを気持ちよくフルキャストできるロッド」というのが第一条件です。

初心者用ショアジギングロッドに求めるもの③:軽さ

重さを測る計器

先ほどの条件①「安さ」と相反しますが、「軽さ」も重要な条件。

軽ければ腕への負担が少なく、集中力も持続します。

条件をまとめると、アンダー2万円のショアジギングロッドの中で、60gのジグを扱うことができ、できるだけ軽いロッドというのが条件です。

初心者用ショアジギロッド選び、やっぱりダイワかシマノか

条件①〜③で調べてみたところ、出てきたロッドは次の4種類。

ジグキャスター97MH(ダイワ)

コルトスナイパーBB  S1000M(シマノ)

コルトスナイパー BB S1000MH(シマノ)

ソルティーアドバンス  S906MH(シマノ)

やはりダイワやシマノ勢が強いですね。

価格帯やスペックを一覧にしてみました。

ジグキャスター97MH コルトスナイパーBB  S1000M コルトスナイパー BB S1000MH ソルティーアドバンス  S906MH
自重 240g 246g 266g 215g
適応ルアーウェイト 35-90g plug40g / jig60g plug60g / jig80g plug60g / jig80g
価格(Amazon調べ) 10,735円 16,000円 14,182円 13,818円

スペック的に迷ったのがジグキャスター97MHとソルティーアドバンスS906MH。

迷った末、適応ルアーウェイトの幅が広いジグキャスターをポチりました。

使用感については追ってインプレします!

こちらの記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA