【淡路島/創業80年の老舗洋菓子店】末廣(スエヒロ)

淡路島の創業80年の洋菓子店、末廣さんに行ってきました。

ケーキ中心の洋菓子店ですが、ジェラートもかなり充実しています。

洲本のピッコロ、福良のエルムなど、淡路島はジェラート屋さんが多いですね。

北坂養鶏場のたまごや平岡農園のレモンなど、素材がいいんでしょう。

淡路島の末廣ってどんなお店?

淡路島の南あわじ市。

南あわじ市市役所前の川沿いにあります。

見た目はケーキ屋さんには見えず、うっかり通り過ぎてしまいました。

店内はイートインスペースやテラスなどもあり、買ったスイーツをお店の中で食べられます。

イートインスペースといっても結構広いです。

2人掛けのソファ席が6つ、4人掛けのテーブル席が3つあります。

大体24人くらい入れますね。

店内のBGMはピアノクラシックでいい雰囲気。

キッズチェアも貸していただけるので、小さなお子さん連れでも安心です。

外にはテラス席も用意されています。

夏真っ盛りの時期には少し暑そうですが、初夏や秋の季節には風が気持ち良さそうです♪

イートインではドリンクサービスにジェラートが

イートインでドリンクオーダーすると、サービスでジェラトがいただけます。

どのジェラートもみずみずしく美味しいですが、「抹茶」「さくらもち」「きなこ」など和風デザートが何気にハイレベルなのでは?とにらんでいます。

末廣のケーキをお持ち帰り

こちらはチョコバナナのケーキ。

甘みがしっかりしていて、ボリュームがあります。濃いめに淹れた紅茶がよく合いそうな感じ。

一方、こちらはチーズケーキ。

スフレタイプですが、特筆すべきこともなく、ちょっとピンときませんでした。

チーズケーキ好きなだけに、残念・・・。

お店としてはシーズン商品に力を入れているようなので、フルーツ系が美味しそうです。

ジェラートも様々な種類があり、春限定の「さくらもち」を食べてみました。甘じょっぱくもありつつ、口の中もさっぱりしてデザートに良さそう。

夢中になって写真を撮り忘れてしまったのが残念。。

今度はフルーツ系で攻めてみたいですね。

【2016年7月追記】末廣のフルーツ系ケーキ実食レポ!

前回の反省を生かし、今回はフルーツ系を攻めてみます。

妻と一緒に「日向と紀州」、「夏のいちご畑」を選んでみました。

日向と紀州

こちらが「日向と紀州」(500円)です。

さっぱり爽やかな日向夏と、ジューシーなあまみの紀州みかんが、クリームとジュレによくマッチしてます。

くどくない&もたれない、上品なケーキでした。

夏のいちご畑

こちらは「夏のいちご畑」(560円)です。

しっとりしたスポンジに、とろとろのクリーム、それに酸味のあるいちごが口の中で1つになって、絶品!

組み合わせの妙とは、まさにこのことですね・・・。

ブレンドコーヒーは380円。少し割高ですが、ジェラートが1品選べます。

手前の白のジェラートは「淡路島牛乳」。

濃厚なこってりしたジェラートかな〜と思わせき、くどくなく、さっぱりとしたみずみずしいジェラートでした。

アイスティーは500円です。こちらも、ワンドリンクオーダーということでジェラートが1品選べます。

手前の茶色のジェラートは「チョコレート」。

こちらも、さっぱりとしたとした味わいです。サクサクの食感は、クッキーでしょうか。

あつ〜くなる真夏でも、おいしくいただけそうなみずみずしさです。

これからの季節は、ジェラート目当てにお茶しに行ってもよさそうですね。

【2017年5月追記】末廣のクリーム系ケーキ実食レポ!

再々訪。

今度は、ちょっと濃厚なクリームやチョコ系のケーキをオーダーです。

コトー・リヨネ

じゃん。こちらがコトー・リヨネ。

バニラとストロベリームースがベースです。

濃厚なようでさっぱり、あっさり。

春らしい、甘酸っぱい味わいです。

ミルフィーユ・ショコラ・レ

こちらはミルフィーユ・ショコラ・レ。

チョコレート系ケーキですね。

これが一番のヒットでした。

底のサクサクのパイ生地、上のフワフワのチョコムース。

それでいて嫌らしい甘さはまったくなく、むしろ上品。

コーヒーよりも紅茶が合うような、そんなケーキでした。

【2018年5月追記】末廣のチョコレート系ケーキ実食レポ!

再々々訪!

今回はチョコレート系のケーキを攻めますよ〜!

フォルテシマ

と、いうことでこちらは「フォルテシマ」(340円)。

カシスソース×生チョコレートの表層に、ぎっしりとしたチョコレートのケーキ。

チョコの濃厚さとカシスの爽やかさがあいまって、いい塩梅。

コーヒーに合うケーキでした。

イートインでドリンクをオーダーすると、サービスで付いてくるジェラート。

今回はヨーグルトジェラートをチョイスしましたが、ブルーベリーソースが強めでさっぱり。

あんまりヨーグルトヨーグルトした感じではなかったです。

無意識にリピられる「ミルフィーユ・ショコラ・レ」

愛妻は無意識に前回と同じミルフィーユ・ショコラ・レ(360円)をオーダー。

薄いチョコレートのパリパリ感、チョコレートクリームともったり感に、ナッツのサクサク感。

全体的にうまくまとまっている一品。

ちなみに、ラズベリーは超すっぱかったとのこと。

ホットティーはポットでいただける本格派です。

サービスのジェラートは、ちょっと珍しいきなこをチョイス。

きなこは、すごくきなこでした。

ただ、パサ感はまったくなくみずみずしさがすごい!

過去に食べた「さくらもち」が美味しかったので、意外と和風系ジェラートがイケてるのかもしれません。

そういえば、周りのお客さんも「抹茶」ジェラートを頼んでいる人が多かったような・・・。

▼▼▼

コテコテの「甘いでしょ!美味しいでしょ!」という昔ながらおケーキ屋さん!ではなく、どこか都会的で上品なエッセンスを漂わせる末廣のケーキ。

時代に愛される老舗は、ある意味で革新的なのかもしれません。

末廣の店舗情報

営業時間:9:00-20:00
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
TEL:0799-42-2068
住所:兵庫県南あわじ市榎列大榎列外1-51

 

以上、「【淡路島/創業80年の老舗洋菓子店】末廣(スエヒロ)」でした!

淡路島のおすすめスポット情報はコチラ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA