淡路島deサーフエギング!潮流とエギの関係性?

淡路島は南あわじエリアのサーフでエギングしてきたのでその実釣レポです!

潮流とエギの頭の向きがイカを抱かせるキーになった?と感じています。

気持ちいい秋の朝マズメ。アオリイカは接岸しているか?

前回、満潮に絡む朝方でアオリイカをヒットさせた場所と同じサーフにエントリー。

関連:新製品エギでアオリイカ連発サーフエギング!

今回は、潮がちょうど動いているタイミングの朝マズメ。

満潮ではないけれど、イカを釣ることができるのか?というのがもっとも気になる点です。

潮流の効いているタイミング。潮にエギがぐんぐん流される

前回は満潮間際ということで、ゆったりとした潮の中でのエギング。

正面にキャストしたエギが正面から戻ってきていました。

前回の様子の写真はこちら。

イカスミボムが波打ち際に残った状態です。

アオリイカも前足でがっちり抱いてきている、やる気のあるフッキングでした。

前回の釣行記

今回は、正面に投げたエギが右45度くらいまで流されて戻ってきています。

潮流のきいたタイミング。

道満潮絡みではありませんが、はたしてアオリイカは接岸しているでしょうか?

潮上へキャストし、エギの頭が自分と一直線になるように

潮の流れは左から右へ。

潮の流れに合わせて、左の潮上にキャストします。

波打ち際までしゃくってくる頃には、自分の足元にエギが戻ってくるイメージで。

自分とエギが一直線になったときのシャクリで、ドスン。

ジジジ、ジジジと緩めに設定したドラグが鳴ります。

ぐぐ〜〜っというイカ特有の引きをシーバスロッドでいなしながら、手前に寄せてきます。

強い潮流の中でのエアオリイカは、エギに対してセンシティブ?

海面で墨ボムが1発、2発、3発。

十分墨を吐いたかな?というタイミングでピックアップ。

上がってきたのは17cmクラスのアオリイカでした。

びよ〜〜〜んと、触腕1本にフッキングしています。

おそるおそるエギをタッチした、という印象。

潮の流れが強いと、エギが潮に押されて不自然な動きになる。

エギが不自然だとアオリイカも警戒して積極的に抱いてこない。

そんなように感じました。

時間とともに潮の流れはどんどん早くなり、なかなか思ったようなコースをトレースするのが困難に。

そんなこんなで、納竿となりました。

▼▼▼

今回感じたのは、満潮絡みでなくても朝マズメサーフにアオリイカは接岸してきているということ。

そして、うまく潮にエギを乗せ、エギの頭の向きがころころ変わらないように注意すること。

あまりドリフトの釣りには慣れていないので、苦労しました。

どうしても不自然なエギの動きになってしまい、イカを警戒させてしまった印象。

しかし、こういうシチュエーションでもコンスタントに釣果を出せるようになりたいです。

そうはいいつつ、やっぱり潮の動きがゆるい満潮絡みなんかは比較的イージー。

甘んじてそういう潮回りを選んで重点的に通ってしまうかも・・・。

本日のタックル

●ロッド:ラテオ 100 ML (ダイワ)

●リール:ナスキー C3000 (シマノ)

●ライン:G-soul X8 1号(YGKよつあみ)

●エギ:エギーノぴょんぴょんサーチ 3.5号(ヤマシタ)

今回のエギカラーも、ピンク夜光カラーの「ノボセアミ」。

エギーノぴょんぴょんは、サーフにおける鉄板エギの一つになりつつあります。

サイトに強いオレンジカラーが欲しいんだけど、店頭では品切れだしな・・・。

ヤマシタさん、早めの再発をお願いしますっ!

以上、「淡路島deサーフエギング!潮流とエギの関係性?」でした!

おすすめ記事セレクション!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA