ワークマンの防寒着イージス最新モデルを展示会で見てきたよ!

ワークマンの2017年秋冬物展示会に行ってきました!

こういう展示会は初めてお呼ばれされたのですが、なかなかにすごかった・・・!

ワークマンのアウトドアラインの展開方針や、釣り人最強の防寒着「イージス」の最新情報もキャッチしたのでご紹介します!

ワークマンの2017年秋冬物展示会に行ってきたよ

7月中旬、神戸にて開催されたワークマン展示会に行ってきました。

2017年秋冬物の新作を紹介する、というイベントです。

会場に入ってすぐ、「デカイ」という感想(小並感)。

ブロガー枠でお呼ばれされたのですが、半袖短パンの出で立ちは私一人。

ちょっと浮いてしまってスミマセンでした・・・。

ワークマンのウリや今後の展望などいろいろ聞けたよ

役員の方から、色々と興味深いお話も聞けました。

・ワークマンはアウトドア界のユニクロを目指す

・普通の防寒着は電車内で暖かいが、ワークマンの防寒着(重防寒)は電車内で汗だくになる

・商品コンセプトは「8時間ずっと屋外にいても、快適でいられるように」。

・これまでのメインユーザーは全国の職人約200万人と、その周囲の人々

・ワークウェアは機能的で安価

・ワークマンは「圧倒的な低価格」で攻める

・安価の秘訣はシーズン中に全て売り切ることと、次シーズンにマイナーチェンジして展開できること

・安かろう、悪かろうではない

・ダサいと思われがちなイメージを払拭するため、ルイヴィトンから女性デザイナーを起用する

・東京に旗艦店のオープンを目指す

面白いですね。

攻めてますね。

という、印象。

実際、ワークマンのウェアってちょいダサのイメージがどうしてもあるんだけど、機能は中途半端なアウトドアブランドより圧倒的なんですよね。

そういう意味だと、見た目もイマイチで機能も微妙なフィッシング系ブランドを選ぶならワークマンかな・・・ということで、自分も防寒着はワークマンの「イージス」着てます。

釣り人に激烈オススメな防寒着「イージス」の最新情報も入手!

 

釣り人やバイカーの間で「最強の防寒着では!?」と噂されて久しい「イージス」。

そのイージスシリーズの最新情報をキャッチしてきたのでご紹介します。

2017年の新作は「イージススノー」

2017年の新作イージスは、その名も「イージススノー」。

ダボッとしたシルエットからもわかる通り、スノーボードを意識したラインナップです。

雪下ろしの際の防寒着としても使えるとのことです。

ボードウェアが上下セットでアンダー6,000円ってのはすごい。

ただ、ボードは初心者だとだいたいウェアレンタルするし、中級者になってちょっとハマッってくるとファッションにこだわりたくなるので、なかなか受け入れられにくいかもしれませんね・・・。

2017年の「イージスオーシャン」はココが違う!

2016年に釣り人用防寒着として登場した「イージスオーシャン」。

2017年は、さらにモデルチェンジしてリリースされます!

2016年モデルと2017年モデルの違いを詳しく聞いてきました。

そもそも、イージスオーシャンって?

そもそもイージスオーシャンとは、ワークマンの防寒防水着「イージス」の釣り人用ラインナップです。

「イージス」自体が寒さに強く雨にも負けないのでバイク乗りに人気のある丈夫なウェアでしたが、それが釣り人たちも着るようになったという経緯があります。

で、そのイージスはちょっとストレッチ素材に難あり、というかあまりスポーティに作られていないので、よりストレッチ力を強化した「イージスオーシャン」がリリースされたというわけです。

特に腕周りのストレッチが強化され、キャスト時にストレスなく振り切れるという特徴があります。

イージスオーシャンのサイズ見直しでさらに着やすく!

一番の違いは、「サイズの見直し」。

2016年モデルのイージスオーシャンはスタイルフィット。

スリムでスタイリッシュながら、締め付け感のあるモデルだったので、そのサイズ感が改良されています。

具体的には、首回り、胸周り、胴回りです。

旧モデルより、3cmほどゆとりが持たれています。

2017年モデルのイージスオーシャンはズボンをさらに強化!

ストレッチ素材はそのままに、ズボンの仕様がさらに強化されています。

まず、縫い目や裁断(立体裁断に!)が見直され、動きやすさがさらにアップ。

股のファスナーにマジックテープがつき、防水性がさらにアップ。

また、生地が見直され、濡れた磯場や堤防に直に座っても滲みにくくなっています。

機能ウェアは耐水圧表記がされていますが、体重による重みが一番大きく10,000圧くらいになるとのこと。

冬の釣りはゴワついた防寒着を着ることもありますが、テトラポッドや磯など歩く際にはちょっとしんどいです。

ストレッチ素材の効いた防水防寒着はありがたいですね。

しかも、ワークマンのモノ作りの原点は「それを着て8時間屋外で作業できるかどうか」。

まだ着ていませんが、これは間違いなさそう。

今シーズン、着てみるのがちょっと楽しみです。

追記:イージスオーシャンをインプレしてみた

早速、2017年モデルのイージスオーシャンを別記事でインプレしてみました。

[blogcard url=”https://suzushige.net/aegis-ocean/″]

ストレッチ性が高いので、足場の悪いテトラの釣りやランガンする釣りで活躍しそうです。

防寒性でいえば、イージスのほうがちょっと上かな。

youtubeでは美女が着用インプレしてますね。

▼▼▼

ちなみに、初代イージスは前年モデルとの違いは「特にない」とのこと。

完成されたモデルになってきているのかもしれません。

関連記事

 

2018年のイージス発売日は?

店頭では例年より早く、9月に在庫が並んでいました。

昨年は10月リリースでしたので、早めの対応ですね。

一方で、オンラインストアは人気すぎて先行抽選販売(予約)が行われています。

売り切りスタイルのワークマンの商品は手に入らない可能性もあるので、早めにネットでチェックしておくことをおすすめします。


ワークマンオンラインストアでイージスシリーズをチェックする

以上、「ワークマンの防寒着イージス最新モデルを展示会で見てきたよ!」でした!

こちらの防寒系記事も人気です!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA