淡路島ユラリユラで名物生サワラ丼をいただいてきました

淡路島の「ユラリユラ」というレストラン?居酒屋さん?で名物の生サワラ丼をいただいてきたので、その実食レポです!

淡路島の「ユラリユラ」

一見ファミリーレストラン?居酒屋さん?なんだろう?という佇まいの店構え。

今回は夜の訪問です。

看板には、淡路島旬彩とあります。

ちなみに、お店の入り口はこんな雰囲気の扉。

う〜ん、こりゃ居酒屋さんかな!

夜の訪問で単品で食事していくだけなのも恐縮だけど、今回はお酒を飲めないので勘弁してもらおう・・・。

ユラリユラの店内

入ってすぐ個室に通され、お通し300円も出てきました(居酒屋さん確定)。

う〜ん、単純に食事を楽しむだけなら、ランチタイムに訪問すればよかったかな。

ユラリユラの夜メニュー

メニューを開くと、お!結構良さそうなのあるじゃないですか〜。

サワラのたたきにたこぶつ、オニスラなど淡路の恵みを堪能できます。

丼メニューとして、今回の本命は炙りサワラ丼!これに決めた!

また、メニュー開いてすぐにはこんなソソられるメニューも。

今年はタチウオ好調ですもんね〜。

店長とお友達になりたいです(笑)。

ユラリユラの生サワラ丼、実食!

ででーん!こちらが炙りサワラ丼(1,280円)です。

炙りサワラが8切れに、とろろとわさびとすだちが添えられ、サワラの下にはオニオンスライスがたっぷり。

箸ではさむだけでホロリと身が崩れる、とろとろな生サワラ。

特製のタレをまわしかけて、オニスラと一緒に頬張りますが美味しいな〜。

個人的なおすすめ薬味の使い方は、すだちをサワラに、わさびをトロロにオンすることです。

▼▼▼

ただの居酒屋と侮るなかれ。

地場の食材をたっぷり活かした、技ありのお店でした。

こういうお店、家の近くにあるとうれしいよな〜!

今度は飲みに行きたいです(笑)

以上、「淡路島ユラリユラで名物生サワラ丼をいただいてきました」でした!

ユラリユラ

こちらの淡路島グルメ記事もよく読まれています

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA