南あわじ千博屋(ちひろや)で超絶唐揚げランチ実食!

淡路島はあまり外食カルチャーが強くなく、平均年齢も高めなためかボリュームがっつりおいどんもう食えないゴワス系のゴハン処は多くありません。

そう、その例外として君臨するのは「千博屋」(ちひろや)です。

ここの唐揚げはメガトン級。

胃袋ドギュン。いってみましょう。

南あわじ「千博屋」、イングランドの丘の近くにあり

お店はそう、イングランドの丘のすぐ近くにあります。

お店の前には駐車場もあります。

千博屋。読み方はちひろや。味わえる家、食べさせる店。です

お弁当屋さんとしての毛色も濃いお店なので、店内はイートインスペース程度の簡易なもの。

店内のBGMは結構シュールで、ジン・ジン・ジンギスカ〜ン♪が流れたかと思いきや、ビートルズが流れ、さらにCHARAが流れていました。

好きです、このわけわからん感じ。

何の優先を流しているんだろう・・・もしくは趣味??

店内は4人掛けのテーブルが4つあります。

千博屋のメニュー

こちらが千博屋のメニュー。

定食のメニュー・・・ではなく弁当メニューですね。

そう、弁当をイートインでいただけるんです。

イートインでは、定食もいただけます。

といってもラインナップは唐揚げ定食と牛丼定食のみ。

潔いぞ。

千博屋の唐揚げ定食

じゃじゃん。こちらが千博屋の唐揚げ定食(1,080円)。

いかがでしょう、唐揚げのサイズがお茶碗クラスですね。

うっかり写り込んだ子供の手より大きい唐揚げが確認できるかと思います。

この唐揚げ、はい、1個あたり大人のげんこつ1個分くらいあるんです。

げんこつ2発が胃袋へ、まさにボディ・ブローです。

こりゃもう本当にかぶりついて平らげてやらなければなりません。

おしょうゆとソースがついてきますが、どちらかというとソースが合うタイプの唐揚げです。

カウンターで迎え撃ってやりましょう。

超絶格闘技、パワー系ランチのゴングが鳴り響きます。

第二ラウンドは定食についてくる小うどん。

春菊と白菜と鶏肉の鍋焼き風うどんです。

うどんはふやふや、柔らかめ。

出汁は上品でやさしく、ほっとする味。

ああ、このうどんは唐揚げとの格闘を癒してくれるんだなあ・・・。

そんなおうどんでした。

千博屋の串カツ弁当

ドカン。こちらが串カツ弁当(695円)です。

いやはや、これまたなんというか・・・(デカイ!)

お米が全体に見える割合、2割程度。

圧倒的揚げ物感です。

もうとにかくデカイ!

破壊力!

ヤンヤヤンヤの大喝采です。

串カツなのに串が見えませんからね。

一体何がどうなっているのでしょう。

種明かしをすると、この串カツはチキンフライに、ピーマンと玉ねぎで構成されています。

▼▼▼

なんかもう食べるのに必死で美味しいとか美味しくないとかそういう次元じゃないんですよね。

さすが、「食べさせる店」。

はち切れんばかりのお腹、オイリー充電完了、今日は夕飯いらないかなあ・・・。

そんなパワー系ランチ(弁当)が堪能できちゃう「千博屋」。

胃袋に自信のある方は、ぜひチャレンジを!

以上、「南あわじ千博屋(ちひろや)で超絶唐揚げランチ実食!」でした!

千博屋

こちらの記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

南あわじ千博屋(ちひろや)で超絶唐揚げランチ実食!」への2件のフィードバック

  1. 壱号

    ご無沙汰しています。
    千博屋!懐かしいです。17年前に旧三原町民だった時に、よく利用していました。
    とんかつ弁当もなかったでしたっけ。
    むちゃくちゃ入っていたので、たくさん食べたい時は迷わずここでしたね。
    現在は、でかい唐揚げのお店と言えば西浦の県道沿いにある喫茶バニーか、洲本市の赤煉瓦。どうしても唐揚げ食べたい時に行きますね。

    ところで、暑すぎて私の腕ではなかなか釣れてくれません。グルメレポートはともかく夏の釣りレポートも楽しみにしています。

    返信
    1. suzushige 投稿作成者

      >壱号さん
      お久しぶりです!
      とんかつ弁当もありました。パンチ力は抜群のような・・・
      喫茶バニーや赤煉瓦も気になります。

      釣りレポはなかなか結果が伴わず、新たな気づきも得られず、停滞気味です笑
      胸高鳴り心躍る出来事や発見を求めて、アンテナを磨きます!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA