淡路島「ラウーベ」ランチ実食レポ!犬も一緒に!

淡路島洲本のコテージ系カフェ、「ラウーベ」でランチしてきたのでその実食レポです!

淡路島のカフェ、「ラウーベ」

淡路島の山中にある、コテージ風のおしゃれなカフェ。

コテージ風の店内は、雰囲気があります。

訪れたのは1月。

寒い時期でしたので、暖炉には薪がくべられていました。

日曜日の12時前の入店、お客さんは4組、うち3組はワンちゃん連れでした。

ペットと一緒にご飯を食べられるカフェ、淡路島内では珍しいかもしれません。

淡路島「ラウーベ」のランチメニュー

ランチタイムは11:30から14:00まで。

なくなり次第終了なので、心配な方は早めにインするか電話で予約しておくと良いでしょう。

メニューは月替わりです。

今回は、生パスタランチとお昼ご飯セットBをオーダーしました。

ラウーベの生パスタランチとお昼ご飯セット

じゃん、こちらが1月の生パスタランチセット。

猪豚ベーコンとしめじのわさびクリームソースです。

前菜でサーブされるのはサラダセット。

根菜のガーリック風とサラダ、カレー大根のトリプルアクセルです。

根菜は長芋が多く使われており、これがまたウマい。

長芋が苦手な自分でも、サクサクといただけちゃいました。

生パスタは海苔の風味がたっぷり。

キャベツと水菜のシャキシャキ感と、まったりとしたクリームソースが絡んだもっちりパスタがベストマッチ。

わさびソースは全く辛くなく、どちらかといえば爽やかな印象。

子どもにも大好評でした。

成人男性にはちょっと少量のようですが、カフェ飯としてはスタンダードなボリュームです。

こちらは、白身魚のフライ(そいオーロラソース)のお昼ご飯セット。

1、2、3、4、5、6、7、8・・・すごい品数です。

五穀米のお茶碗の傍にちょこんとしているのは、野菜のしょうゆ漬け。

木製スプーンでサーブされるのって、珍しいですね。

大皿のラインナップはこんな感じ。

かなり野菜たっぷりで、ヘルシーです。

メインは魚のフライですが、副菜の野菜がメインを凌駕している感じ。

野菜がたっぷりいただけるので、女性に人気があるのもうなずけます。

▼▼▼

とにかく、小物や調度品にこだわりが感じられる店内。

ゆったりとした休日を過ごすのに、おすすめです。

カフェタイム(14:00-16:00)は、巨大パフェやコーヒーもおすすめ。

巨大パフェは食べ応えがあり、コーヒーは淡路島内でもトップレベルの美味しさです。

あわせて読みたい!

 

以上、「淡路島「ラウーベ」ランチ実食レポ!犬も一緒に!」でした!

こちらの記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA