淡路島の新ジェラートカフェ「のら」に行ってきたよ!

淡路島に新しいジェラートカフェ「のら」がオープン!

という話を淡路島BASEさんの「淡路島に移住してから」で読んで、興味津々さっそく行ってきたのでその突撃レポです!

淡路島のジェラートカフェ「のら」

島の恵みジェラート「のら」が正式名称の、古民家リノベーション型ジェラートカフェ。

佇まいはオシャレですが、中に入ってもオシャレでした。

靴を脱いで上がると、すぐにカウンターでオーダーを。

先にお会計を済ませた後、たまたま空いていたソファ席に通していただきましたが、中は広い!

広々とした空間に、座席はたったの20席前後。

ざっくりカウントですが、4人掛けテーブルが3つ、二人掛けテーブルが2つ、5人用ソファスペース・・・といったレイアウト。

広々とした店内は開放感があります。

(どうやら、2階席もあるとか・・・)

今回の訪問は平日の15:30頃でしたが、自分が入ると1階は満席に。

入れてよかったとほっと一息です。

木目とドライフラワーとステンドグラスが素敵な店内です。

島の恵みジェラート「のら」のメニュー

ちなみに、メニューはこんな感じ。

出展:祝🎊ジェラート&カフェ「のら」が、本日OPENしました!!!(淡路島に移住してから)

メニューはジェラートを中心としたカフェ系ラインナップ。

プラス300円でドリンクセットにできるということで、今回はジェラートのダブルにアイスコーヒーを付けていただきました。

淡路島のジェラートカフェ「のら」のジェラート、実食!

今回のジェラートは、「ミルク」と「チョコレートアーモンドプラリネ」(ダブル500円)。

バニラはさっぱりとみずみずしく、添加物不使用系特有のあっさり加減。

スルスルと食べられちゃいます。

一方で、期待を大きく裏切ったのが「チョコレートアーモンドプラリネ」。

たおやかで絹のような舌触り。

コクがあるけど、くどくない。

トッピングに添えられたナッツ類もベストマッチ。

いやー、これはまた食べたいな。

セットのアイスコーヒー(300)円は、爽やかな酸味で夏らしいテイスト。

ほのかな苦味が、ジェラートの素朴な甘みをリセットしてくれました。

▼▼▼

2018年の7月末にオープンしたばかりという新しいお店。

雰囲気もジェラートもスタッフの皆さんも素敵で、応援したくなるお店でした。

お店への道のりは結構わかりにくいので、こちらを参考にさせていただきました。

淡路島の素敵なお店がもっと脚光を浴びるといいですね!

以上、「淡路島の新ジェラートカフェ「のら」に行ってきたよ!」でした!

こちらの淡路島記事もよく読まれています

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA