淡路島「淡家」で島内トップレベルの讃岐うどん実食!

今日は、淡路島ではなかなかありつけない讃岐うどん系のお店「淡家」(あわや)に行ってきたのでそのレポです!

淡路島のうどんは大阪系のうどん店が多く、ダシに力を入れているお店が多いです。

そのため、なかなか讃岐うどんのようにコシのある麺にはありつけないのですが・・・、あるところにはありました!

淡家(あわや)ってどんなお店?

淡路島は南あわじにある「淡家三原店」(あわやみはらてん)さんです。

もともとは淡路市のお店で、そこから店舗が増えたんだっけかな?

セルフサービス式のうどんなので、入り口に入ってからお盆を取り、まずは湯で場のスタッフさんに食べたいうどんを注文します。

そしてうどんを受け取ったら、天ぷらやおいなりさんなどのサイドメニューを選び、最後にレジでお会計するスタイルです。

最近はチェーン店の花まるうどんや丸亀製麺で一般的になったスタイルですね。

店内は天井が高く、開放感があります。

ダウンライトもあり、大きな窓からは自然光が差し込みカフェのような雰囲気です。

淡家のメニュー

メニューは時期によって変わります。

こちらは春先のメニュー。

どれも美味しいですが、個人的にはコシを強く感じる冷たいうどんが好きです。

カレーうどんとトッピング色々オーダーしました!

こちらはカレーうどん並(480円)です。

あまり辛さ重視のカレーうどんではなく、どちらかといえばダシが効いていて飲み干したくなる一杯です。

辛さを増したい人は、卓上の七味で調整できます。

こちらはトッピングにオーダーしたかきあげ(180円)です。

皿の上に高い塔を立てた・・・。という感じでデカイです。

人差し指くらいの高さくらいはあったかな?

この淡路島たまねぎたっぷりのかきあげを、カレーうどんに浸して食べると、カレーと玉ねぎの甘みがマリアージュして・・・ああ、思い出すだけでお腹が減ってきた。という感じです。

もちろん、卓上の天つゆでいただいても美味しいです。

甘みと旨みたっぷりの、贅沢なかきあげです。これで180円は大アリです。

お腹が減っていたので、サラダ巻きと唐揚げもつけています。

サラダ巻きはカレーうどんの口直し的にさっぱりいただけます。

からあげ(80円)も絶品。肉厚でジューシーです。

かしわ天もありますが、そちらもかなり巨大で食べ応えがあるなので、ほどほどにお肉を食べたい人はからあげサイズで十分だと思います。

【追記】再訪してざるうどんを実食!

ざるうどん大(390円)にちくわ天とかしわ天(ともに値段失念)をトッピングです。

うどんはもっちもちの太め。

かなりコシがあり、食べ応えがあります。

色白セクシー。

そしてキリッと塩気が効いています。

出汁につけず、そのまま食べても美味しいうどん。

出汁に浸して食べても、もちろん美味しいうどん。

おともには、パンチのあるかしわ天とちくわ天。

仕上げは大根おろしでサラッとシメるのが粋です。

【再訪】わかめうどんと唐揚げ&コロッケをオーダーしました!

春の旬の味、ということでわかめうどん並(430円)をオーダーしました。

こりっこりのわかめの食感が楽しいです。

旬の味、身体が喜んでいる感じがしますね。

からあげは安定の美味しさ。

あたたかいおうどんには、コロッケを乗せおつゆを染み込ませていただくのもまた一興です。

店舗情報(淡家)

定休日:木曜日
営業時間:11:00~14:00
電話番号:0799-20-4362
住所:兵庫県南あわじ市円行寺533

 

以上、「淡路島「淡家」で島内トップレベルの讃岐うどん実食!」でした!

淡家(三原店)

淡路島のおすすめスポット情報はコチラ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA