【子連れでも安心!ザ・オーソドックス・ラーメン】馬力軒(淡路島・津名)

【2017年4月追記】赤馬ラーメンにチャレンジしてきました。

今回は釣りの帰りに、淡路島は津名地区にある馬力軒でラーメンを食べてきたのでそのレポです!

馬力軒ってどんなお店?


国道沿いの大通りにあります。

駐車場スペースも広く、車が停めやすくていいですね♪

店内も広く、まるでファミリーレストランのような広さ。

カウンターもありますが、大多数がテーブル席です。

家族連れや女性同士のお客さんの姿も多く見られます。女性のお一人様もいらっしゃいました。

馬力軒の馬力ラーメン

魚介スープのさっぱり系「淡路ラーメン」や濃厚スープの「徳島ラーメン」、真っ赤な「赤馬ラーメン」など色々と気になりますが、今回はオーソドックスに看板メニューの「馬力ラーメン」(税抜き602円)にしました。

値段が税抜き表示っていうのもちょっとファミレスっぽいですね。

「硬麺でお願いします」とオーダーしたら、ものの1分もせずに着丼です。はやい!


かなりお腹が空いていたので、豚マヨ丼(税抜き269円)もセットでのオーダーです。


スープは背脂系ですが、パンチが強すぎず、舌によく馴染む感じです。

チャーシューはやや甘め。中サイズが2枚。昔ながらの、お馴染みのチャーシューといった感じ。

麺は中太ちぢれ麺です。スープとつかずはなれずの絡み合い。よいバランスですね。

全体的に、奇をてらわずオーソドックスなラーメンです。看板メニューなだけに、正統派といった感じ。

悪く言えば癖がなく無個性的というか。まあ、お値段も税込なら650円と良心的だからまあいいかな?


逆に、豚マヨご飯はちょっと割高。

なにぶん、マヨが多すぎる。そして、豚が少なすぎる。これで税込290円はちょっと辛い・・・。

家族連れで来ることもあるかと思うので、そのときは真っ赤な「赤馬ラーメン」にチャレンジしてみようかな。

【2017年4月追記】馬力軒の赤馬ラーメンにチャレンジしてきました

真っ赤な謎パウダーが印象的。

辛いのか?辛くないのか?いや、辛いだろ!な赤馬ラーメン(720円)をオーダーしました。

スープは醤油ベース。

衝撃的な辛さではなく、後からじんわりと辛さが追いかけてきます。

これを思い出しながら書いているだけで、少し頭に汗をかいてきました。

しかし、なんといってもこの真っ赤なチャーシューがうまし!

ジャリッという不吉な食感とともに、この唐辛子?の粉がチャーシューとよく合います。

これはチャーシュートッピングしてもいいかもしれません。

今度やってみようかな。

店舗情報(馬力軒)

営業時間:11:00~00:00(LO:23:30)スープの残り具合により、15:00より17:00の間、一時閉店の場合あり
電話番号:0799-60-1071
住所:兵庫県淡路市筑字明神前3020

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA