淡路島の平野パン。ランチメニューの食べ放題はコスパ最高!

淡路島洲本の平野パンへ、食べ放題ランチに行ってきたのでそのレポです。

正直、かなり食べ過ぎました・・・。

淡路島内でコスパ最強のランチかもしれません。

なんといっても、焼きたてパンをすぐその場で食べられる幸せ。

贅沢。

ここはまた行きたいな〜!

淡路島の平野パンってどんなお店?

淡路島の中心部、洲本市のはずれ。大通りから一本入った道にあります平野パンさんです。

店内は普通のパン屋さんらしいパン売り場と、食事コーナーに分かれています。

パン屋さん自体は7:30からオープンですが、ランチタイムの食事コーナーは11:30から入ることができます。

座席は20席ほど。イートインコーナーよりもしっかりしています。

こちらは座席の窓からみえる風景。

田園地帯にぽつんとあるだけあって、のどかですね〜。

平野パンのランチメニュー

ランチメニューは大まかに、パスタセット(1,100円)、スープセット(1,100円)、特製ランチセット(1,250円)から選べます。

こちらはパスタセット。この日はオイルサーディンと玉ねぎ・小松菜のトマトソースです。

細麺で、結構あっさりしています。

こちらは特製ランチセット。今回の特製ランチメニューはハンバーグでした。

つなぎがたっぷりで、かなりふわふわ!女性に喜ばれそうな食感ですね。

変なたとえですが、パンのようにふわふわでした。

淡路島の平野パン、ランチタイム(11:30-14:00)はパン食べ放題!天国か!

ランチタイムはパン食べ放題!ということで、パンコーナーから好きなパンが選べます。


トースターで温めることもできます。

オリーブオイルやお塩もいただけます。パン好きとしては嬉しいですね。

こちらが、今回特にお気に入りだったパンたち。

右下から時計回りに、「淡路島玉ねぎとしめじパン」、「ドライトマトとブラックオリーブリュスティク」、「バジルパン」、「ガーリックトースト」、「ミルクパン」です。

どれも素材の味が非常に活きていて、とっても印象的でした。

玉ねぎとしめじパンは、玉ねぎの甘みとしめじの旨みが絶妙にマッチしていて、お惣菜パンとして買って帰りたいレベル。

ドライトマトとオリーブのリュスティクは、ワインにめちゃくちゃ合いそうな感じ。トマトもオリーブもジューシーでみずみずしかったのが印象的でした。

ガーリックトーストは焼きたてをいただけたのが嬉しかったです。なかなか焼きたてのガーリックトーストっていただける機会ないですよね。

ミルクパンはそのままでも美味しいですが、パスタソースやハンバーグソースをつけて食べるとまた絶品!

写真を撮りそびれてしまいましたが、焼きたてのベーコンエピもめちゃくちゃ美味しかったです。カリッ。サクッ。という食感。ベーコンエピって、冷めると硬くなって噛み応えを楽しむものかと思ってましたが、焼きたてはめちゃくちゃクリスピーなんですね。感動しました・・・。

今回はパスタセットとハンバーグセットでしたが、食が細い方や女性はスープセットを頼んだ方がいいかもしれません。

メイン料理でおなかいっぱいにせず、パンを堪能する贅沢が味わえると思います。

個人的にはガーリックトーストがすごく美味しかったので、今度はペペロンチーノを頼んでもいいかな〜と思ってます。

今回はランチを堪能しましたが、ここ、パン屋さんとしても安くて美味しいんですよね。

一般的には割高なフルーツ系のパンでも、だいたい300円以下で買えちゃいます!すごい!

でもお腹いっぱいだとあんまりお持ち帰りでパン買って帰る気にはなれないんですよね・・・。

後ろ髪を引かれつつ、お店を後にしました。

淡路島の平野パン、営業時間や駐車場など

営業時間:・パンの販売(7:30~19:00)、モーニング(7:30~11:00)、ランチ(11:30~14:00)、ティータイム(14:00~17:00(L.O))
定休日:水曜日・第3火曜日
電話番号:0799-24-2707
住所:兵庫県洲本市下内膳76

淡路島のパン食べ放題系ランチでは、他にも
南あわじ市のPOCHE(ポシュ)があります。

[blogcard url=”https://suzushige.net/poche″]

店内も広く、メインメニューも多いのでこちらもオススメです。

淡路島のおすすめスポット情報はコチラ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA