淡路島グルメ

道の駅うずしおのレストランで「白い海鮮丼」実食!

道の駅うずしお絶景レストランの白い海鮮丼ネタ

道の駅うずしおにあるレストランで、「白い海鮮丼」をいただいたのでその実食レポです!

道の駅うずしおの絶景レストラン

道の駅うずしおの絶景レストラン

道の駅うずしおにあるレストラン。

目の前に大鳴門橋を一望できます。

道の駅うずしおの絶景レストランの窓辺から

目の前には、鳴門海峡。

世界的に有名な「うず潮」が、肉眼で見えちゃうかもしれない距離です。

話題の「白い海鮮丼」、道の駅うずしおレストランで実食!

道の駅うずしおの絶景レストランの白い海鮮丼メニュー

地魚の白身魚だけが使われた、ちょっと珍しいタイプの海鮮丼。

マグロやサーモンなど一般受けするネタは使われず、淡路島近海で取れた白身魚だけで勝負されています。

さっそくいただきましょう、こちらが「白い海鮮丼」(1,800円)です。

道の駅うずしお絶景レストランの白い海鮮丼

最初はお刺身定食のような感じで出てきます。

四角い小皿のセンザン醤油はお刺身として食べる用、丸い小皿のタレは海鮮丼として食べる用です。

道の駅うずしお絶景レストランの白い海鮮丼ネタ

今回のラインナップはこんな感じ。

岩屋の生しらす小鉢に、丸山のカンパチ、福良のサワラにハモ、南あわじのイサキにタチウオです。

サワラはまだしもカンパチは白身魚なのか?という気もしますが、淡路近海で獲れた旬の魚なので文句なしです。

カンパチ美味しいですしね。

お刺身定食のように楽しむもよし。

海鮮丼にして豪快にかっこむもよし。

道の駅うずしお絶景レストランの白い海鮮丼

いろいろな楽しみ方で味わえますね。

ちなみに、味噌汁は鯛のあら汁。

道の駅うずしお絶景レストランの白い海鮮丼の味噌汁

ちょっと写真では見にくいですが、焦がし鯛が入っています。

この焦がし鯛、旨味がギュッと詰まって噛むほどに味がひろがります。

焼きを入れるこの一手間が嬉しいですね。

話がちょっと逸れてしまいました。

道の駅うずしお絶景レストランの生しらす

淡路島名物の生しらすは、とろとろです。

甘みと苦みがふんわりと口の中に広がる大人の味です。

道の駅うずしお絶景レストランの白い海鮮丼ネタ

サワラはサクサクのコリコリした食感。

思ったより歯ごたえがしっかりしています。

ほのかに甘い、上品な味。

サワラをレアで食べられるってレアですよね(←)。

西京焼きでお馴染みのサワラとは全く別の味わい。

サワラの漁場である淡路島ならではですね。

イサキは初夏から夏が旬の魚。

ぷりっぷりで、旨味がしっかり。

白身とはいえ侮れない・・・。

磯場で獲れる魚のためそんなに流通量が多くありませんが、美味しい魚です。

福良のべっぴんハモは湯引きで。

こりこり、ふわふわの食感です。

梅肉でさっぱり、夏らしくいただきます。

じわりと舌の上で脂が溶け、ゆっくりと旨味が広がります。

これも大人の味わいですね。

カンパチはもう言わずもがな。

肉厚な身を口いっぱいに頬張ります。

うま!とろける・・・。

さすが、高級魚の風格です。

銀ピカで綺麗なお刺身はタチウオ。

塩焼き、揚げ物、なんにしてもめちゃウマですが刺身もやはり絶品!

味わい深く、舌の上を滑るような柔らかさです。

切り込みが多く入っており、センザン醤油がよく絡むのも嬉しいですね。

▼▼▼

最初はこれで1,800円は高くない?とも思いましたが、味もボリュームも大満足でした。

旬の美味しいものをいただけるのは嬉しいですね。

マグロやサーモンに引けを取らない白身魚のコラボレーション。

一食の価値ありです。

道の駅うずしおレストランの営業時間

お食事の営業時間は10:00-16:00。

ラストオーダーは15:30です。

基本的にはランチのみなので、ディナーを考えている人は注意してくださいね。

道の駅うずしおレストラン

以上、「道の駅うずしおのレストランで「白い海鮮丼」実食!」でした!

淡路島のおすすめスポット情報はコチラ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA