道の駅あわじで生しらす丼食べ比べ!「海千館」「海峡楼」

道の駅あわじで生しらす丼を食べ比べてきました!

リーズナブルな「海千館」の生しらす丼、高級路線の「海峡楼」の生しらす丼、果たしてどちらがより美味しいか!?

道の駅あわじってどんなところ?

道の駅あわじは、淡路島最北端の道の駅です。

明石海峡大橋の真下にあり、神戸を臨むロケーションは最高です。

淡路ICを降りて3分。神明・大阪方面からのアクセスも良いですね。

垂水ICからだいたい20分程度で到着できます!

道の駅あわじには2つの食事処があり、1つは1Fの「海千館」。2つ目は2Fの「海峡楼」です。

他には、明石焼&天ぷら(練り物)コーナーや淡路島バーガーを食べられる軽食コーナーなどがあります。

海千館(道の駅あわじ1F)

比較的リーズナブルなメニューが多く、丼モノが中心。

椅子に背もたれはなく大衆食堂的な感じです。

だいたい850円〜1,000円程度で食べられます。

客層としては、若めのお客さんが中心です。

海峡楼(道の駅あわじ2F)

大衆食堂的な海千館と比べると、レストラン的なポジションにあるのがこの海峡楼。

レストラン的なポジション、というかレストランなんですが。

そのためか、少々お高いメニューが多いです。

だいたい1,000円〜1,500円くらいかな?

ただ、子供用の椅子など設備はしっかりしています。

周りも、年配のお客さんが多かった様な気がします。

オマケ。明石焼&天ぷら(練り物)コーナー

軽食として、天ぷら(練り物)や明石焼が食べられます。

ちなみに、明石焼は500円(10個入り)。

とろとろのたまごに、柔らかくプリプリなたこ。

出汁の中でほろほろと崩れます。

たまごのあまみがじんわり。

B級というにはちょっと忍びない、愛すべきB級グルメ・・・

おっと、ちょっと脱線してしまいました。

道の駅あわじの海千館と海峡楼、それぞれの生しらす丼を食べ比べ!

道の駅あわじの海千館(1F)の生しらす丼

はい。こちらが海千館の生しらす丼(850円)です。

生しらすだけではなく、お刺身もついてきます。

このときは、マグロとハマチ?と、イカソーメンでした。

生しらすの上に乗っているのはしょうがジュレです。

レモンをしぼって、丼の上のタレをかけていただきます。

が、タレは少し薄めだったので、別にお醤油をかけてもいいかもでした。

この値段で生しらす丼をいただけるのはうれしいですね。

道の駅あわじの海峡楼(2F)の生しらす丼

どん。こちらが海峡楼の生しらす丼(1,380円)です!

しらすの取り巻きとして、タイ、タコ、ワカメ、ネギ、ツマがついてきます。

しらすにかぶさった卵黄がいい感じです。


しらすはぷるぷるのとろとろであまあま。

江ノ島で食べた時の様な苦味は全くありませんでした。

ただ、ガッツリ派としてはもうちょっとパンチがほしかったかな・・・。

どちらかというと、女性や年配の方におススメです。

店舗情報(道の駅あわじ)

営業時間:9:00~17:00(海千館/1F),11:00~18:00(海峡楼/2F)
定休日:なし
電話番号:0799-72-0001
住所:兵庫県淡路市岩屋1873-1 道の駅あわじ

以上、「道の駅あわじで生しらす丼食べ比べ!「海千館」「海峡楼」」でした!

淡路島のおすすめスポット情報はコチラ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA