淡路島の自然派カフェ菜と根kitoneでランチしてきたよ!

淡路島のオーガニックカフェ、「菜と根」(キトネと読みます)でランチしてきたのでその実食レポです!

ゆったした雰囲気に、こだわりのカレー。

休日が少し豊かになる、そんな時間でした。

淡路島は南あわじ市、「菜と根」kitoneってどんなお店?

淡路島ではちょっと珍しい、といっても最近増えつつあるロハスな雰囲気のカフェ。

店内もオーガニックな雰囲気ですが、メニューもこだわりのものが多いです。

菜と根kitoneのカフェランチ!特製カレーをいただきました

こちらが淡路鶏と根菜たっぷりの和風カレー(980円)です。

カレールーは爽やかでキレのある辛さ。

どちらかといえば、大人向け。

のどが後からピリッと熱くなる感じです。

ラストにふわりと鼻をくすぐるのは、しょうがの刺激でしょう。

トッピングには、ソテーされたししとう、舞茸、かぼちゃ、玉ねぎが乗っています。

軽くソテーされた舞茸は旨味たっぷり!

噛むほどに、舞茸の豊かな風味が口の中に広がります。

ししとうは、みずみずしくてジューシーな食感。

薄切りのかぼちゃはホクホクで、しっとりとした野菜チップス感覚でいただきました。

個人的にかぼちゃは苦手な野菜ですが、非常に美味しかったのが印象的です。

とろとろの玉ねぎは、カレーに合わないわけがなく。

クレソン?はお口直しのようなさっぱりとした風味です。

いや、そして何より驚いたのがゴボウ。

丸々とした太いゴボウはとても柔らかく、ほろほろと口の中で溶けていきます。

頬張るたびに楽しい気分になる。

このカレーの中でもっとも輝いているのはゴボウといっても過言ではありません。

さすが根菜カレー。

もちろん、鶏肉も柔らかいです。

ライスは五穀米のようだけど、モチモチしすぎずにカレーによく合う固さです。

あー、美味しかった!

あ、ちなみにサラダはこんな感じ。

お洒落なサラダジャーに入ってますね、

ドレッシングは薄味のごま系。

野菜の素材の味がしっかり活きています。

▼▼▼

こりゃ極私的淡路島カレーランキングを見直す必要があるかな。

ごろりと丸々な野菜を使ったスープカレー好きな方にもおすすめできます。

以上、「淡路島の自然派カフェ菜と根kitoneでランチしてきたよ!」でした!

菜と根 kitone

こちらの記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスズキシゲハル@淡路島ライフをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA